1. 歌詞検索UtaTen
  2. ハルカトミユキ
  3. 二十歳の僕らは澄みきっていた歌詞
よみ:はたちのぼくらはすみきっていた

「二十歳の僕らは澄みきっていた」の歌詞

ハルカトミユキ
2019.5.29 リリース
作詞
ハルカ
作曲
ハルカトミユキ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あたらしい季節きせつ って
見慣みなれていたサンプラザもとお
ああ きみ中央線ちゅうおうせん
過去かこわった
レンタルのパンクロックには
魔法まほうがかかってたはずなのに
ああ よる環状線かんじょうせん
ぼくをせかした

みした小説しょうせつなか
ださいセリフをおまもりにして

ユラユラゆれたときのはざまで
二十歳はたちぼくらはみきっていた
っころがってゆめをなぞった
いかりとわかさのやりさがして

きみあるいた線路せんろうえ
煙草たばこふかしてわらった
なにもなくってもこわくなかった
37微熱びねつがいつか
めてくことがこわかったんだ

わらない景色けしき 見送みおくって
見飽みあきていたライブハウスのなか
ああ きみうたうこと
やめるとった
池袋いけぶくろ日々ひびはもつれて
「ぼくたちの失敗しっぱい」をいてた
ああ なが自由じゆう時間じかん
わるがした

他愛たあいなくきみはなした
悪口わるくちだけが希望きぼうだったよ

イライラしてたフラフラしてた
普通ふつうぼくらがいとおしくって
絶望ぜつぼうなんてたりまえだと
むかしだれかはうたってくれた

わすれることもこわれることも
うまくできないぼくらは
あやまりたくてなぐられたくて
それでもいいよ、
ゆるされたくて

他愛たあいなくきみはなした
悪口わるくちだけが希望きぼうだったよ
希望きぼうだったよ

ユラユラゆれたときのはざまで
二十歳はたちぼくらはみきっていた
っころがってゆめをなぞった
いかりとわかさのやりさがして

わすれることもこわれることも
うまくできないぼくらは
あやまりたくてなぐられたくて
それでもいいよ、
ゆるされたくて
正気しょうきのままであいされたくて

二十歳の僕らは澄みきっていた/ハルカトミユキへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:二十歳の僕らは澄みきっていた 歌手:ハルカトミユキ