1. 歌詞検索UtaTen
  2. 筋肉少女帯
  3. Falling out of love歌詞
よみ:Falling out of love

「Falling out of love」の歌詞

Falling out of love 歌詞
筋肉少女帯
2019.11.6 リリース
作詞
大槻ケンヂ
作曲
橘高文彦
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
わかれのあと彼女かのじょはバスのなか
だれともつながりたくなかったから
バッグのなかにあったいっさつほんとした

そのエッセイしゅうにはったおぼえがなかった
さっきわかれたおとこのものかもしれない
ボンヤリんでいると
「Falling out of love」という言葉ことばつけた
それは「Falling love」
こいちる、のぎゃく言葉ことば
こいからす、とやくすべきか
こいちるつらさ、くるしさ、についてひとみなうけれ

こいからす、開放かいほうされる、自由じゆうになるよろこびをひと
かたらない
ある哲学者てつがくしゃはこれを宗教しゅうきょう回心かいしんになぞらえ
すくい、と考察こうさつしているそうだ
彼女かのじょはふとまどそと
いつのまにかそられていた
ああ、いままでなんでわたし、づかなかったのだろう

ああ
Falling out of love
木漏こも (やさしく)
さえずるとりたちよ

ああ
Falling out of love
気付きづきは (目覚めざめは)
そそぐよ いまから

そして彼女かのじょはバスのなかねむり、ゆめ
わかれた恋人こいびと本当ほんとう世界せかいすく軍人ぐんじん
殉職じゅんしょくした
だからもうえないのだ
いやかれじつはロックスターで
2人ふたりはそもそもかたちがった
だからわかれた
バカげたゆめだな
でもみんな、どこかで現実げんじつにあることかもしれない、と
かんじた
みんなくるしんだんだね、と
でも、わたしたちはいま、つらいのではないんだ
つらさから、開放かいほうされたのだ
バスのまどそとそらなにかがえた
こいからの開放かいほう
わたしたちは
やっとらくになったんだ

ああ
Falling out of love
そのとき (ゆっくり)
バスはそらかび

ああ
Falling out of love
んでく (どこまで)
銀河ぎんがのはるか彼方かなた

宇宙うちゅうただよ

プレアデス
牡牛座おうしざ
ブラックホール
ワームホール
なぜだか
いき出来でき

ああ
Falling out of love
だれもが (のぞむよ)
そのやすらぎの世界せかい

ああ
Falling out of love
だけれど (またこいは)
そそぐよ あなたに

ああ
Falling out of love
ラララ ラララ
ラララ ラララ

バスをりた彼女かのじょ
いえへとあるいた
その途中とちゅうたのさ
ゆらめく陽炎かげろう

Falling out of love/筋肉少女帯へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:Falling out of love 歌手:筋肉少女帯