1. 歌詞検索UtaTen
  2. パスピエ
  3. 永すぎた春歌詞
よみ:ながすぎたはる

「永すぎた春」の歌詞

パスピエ
2016.7.27 リリース
作詞
大胡田なつき
作曲
成田ハネダ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
はかないものこそが、うつくしいものであった

かぜいた ねこいた 大事件だいじけんだそうで
全部拾ぜんぶひろって 拡散かくさんして おまつさわ

世界中せかいじゅう足立あしだって 大義名分掲たいぎめいぶんかかげて
それでもやっぱどこか不安ふあん出直でなおしたり なやんだり

かないで
ながすぎたはる四分よんぶいち永遠えいえん
等身大とうしんだい自分じぶんなんてどこにもいなかった

意味いみのないこといよ」そんなこともなくて
気休きやすめのうそってたかって大騒おおさわ

世界中せかいじゅういろめきって にわかあめ運命うんめい
うつわる季節きせつなかで ふらついたり のぼせたり

かないで
ながすぎたはる四分よんぶいち永遠えいえん
等身大とうしんだい自分じぶんなんてどこにもいなかった

いつしか
ながすぎたはるわりをげたの
なんてづけばひとごと でもいてしかった

現実逃避げんじつとうひ 先回さきまわりして
ああではないとか こうじゃないとか
論理ろんりりかざして
ピンキリどっちもキリがないのよ
うんだのいのちだのどうしたいのよ
あいだのこいだの意味いみじゃないのよ
ってもってもれぬふちなのよ

かないで
ながすぎたはる四分よんぶいち永遠えいえん
等身大とうしんだい自分じぶんなんてどこにもいなかった

いつしか
ながすぎたはるわりをげたの
ひとうつわり そらだけあおいまま

うつくしいものこそが、はかないものであった

永すぎた春/パスピエへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:永すぎた春 歌手:パスピエ