星座仰いで 歌詞 松島詩子 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松島詩子
  3. 星座仰いで歌詞
よみ:せいざあおいで

星座仰いで 歌詞

友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
夜空よぞらあおげば きらめく星座せいざ
かせておくれ
ぎしおも
あのひとの あのひとみ そのままに
わたしこころやさしくささや

吐息といきれつつ またた星座せいざ
つたえておくれ
わすれられぬ あいうた
またえる そのまで ちましょう
はるかな面影おもかげ このきしめ

ネオンはえても のこるは星座せいざ
ばせておくれ
いつまでも かわらずに
あのほしが あのそらに あるかぎり
夜毎よごとあおいで のぞみをすてずに

星座仰いで / 松島詩子 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/11/04 05:20

夜空を仰げば煌めく星座、聞かせておくれ過ぎし日の想い出を、あの人のあの瞳そのままに、私の心に優しく囁く・・吐息に揺れつつ瞬く星座、伝えておくれ、忘られぬ愛の唄、また逢えるその日まで、待ちましょう、遥かな面影、この手に抱き締めて・・ネオンは消えても残るは星座、呼ばせておくれ、何時までも変わらずに、あの星があの空にある限り、夜ごと仰いで望み捨てずに・・昭和38年代の歌で現今ではあまり見られない一途さである・・

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:星座仰いで 歌手:松島詩子