1. 歌詞検索UtaTen
  2. 話題のハッシュタグ一覧
  3. 紅白歌合戦(昭和32年第8回)に関する歌詞

紅白歌合戦(昭和32年第8回)に関する歌詞


紅組【優勝】 白組
楠 トシエ お花どん 曾根 史郎 看板娘の花子さん
久慈  あさみ デッカメン・ソロ 若山 彰 喜びも悲しみも幾歳月
松山 恵子 未練の波止場 三船 浩 男のブルース
藤沢 嵐子 さらば草原よ 笈田 敏夫 アレキサンダーズ・ラグタイム・バンド
暁 テル子 やさしい婦警さん 白根 一男 面影いずこ
淡谷 のり子 雨の東京 伊藤 久男 宵待草の唄
朝丘 雪路 星はながれる 若原 一郎 丘にのぼりて
江利 チエミ ヤムミー・ヤムミー 芦野 宏 メケ・メケ
菊池 章子 私はそよ風 小畑 実 高原の駅よさようなら
大津 美子 東京は恋人 フランク永井 東京午前三時
池 真理子 黒と白のニンバ 三浦 洸一 あゝダムの町
二葉 あき子 夜霧降る空の港 林 伊佐緒 そっとこのまゝ
鈴木 三重子 坊や船頭さん 青木 光一 二代目船長さん
奈良 光枝 白樺の宿 津村 謙 流転わらべ唄
浜村 美智子 監獄ロック 小坂 一也 青春サイクリング
松島 詩子 星座仰いで 近江 俊郎 坊ちゃん青空を行く
中原 美紗緒 ジェルソミーナ 高 英男 ブン
渡辺 はま子 夜来香 藤山 一郎 ブンガワン・ソロ
コロムビア・ローズ どうせ拾った恋だもの 藤島 桓夫 お月さん今晩わ
雪村 いづみ ビー・バップ・ア・ルーラ ジェームス繁田 魅惑のワルツ
ペギー葉山 シャンテ・シャンテ 旗 照夫 80日間世界一周
島倉 千代子 逢いたいなァあの人に 春日 八郎 母の便り
越路 吹雪 愛の涙 灰田 勝彦 野球小僧
宮城 まり子 納豆うりの唄 高田 浩吉 うかれ駕籠
美空 ひばり 長崎の蝶々さん 三橋 美智也 りんご花咲く故郷へ

紅白歌合戦(昭和32年第8回)に関する人気歌詞ランキング

紅白歌合戦(昭和32年第8回)に関する歌詞

タイトル / 歌手 歌い出し

喜びも悲しみも幾歳月

若山彰

俺ら岬の 灯台守は 妻と二人で 沖行く船の 無事を祈って

浮かれ駕籠

高田浩吉

権三と助十 名コンビ お江戸は今日も よい天気 八丁堀を

どうせ拾った恋だもの

初代コロムビア・ローズ

矢っ張りあンたも おんなじ男 あたしはあたしで 生きてゆく 今更なにを

逢いたいなァあの人に

島倉千代子

島の日暮れの 段々畑 紺のモンペに 涙がホロリ ホロホロリ

夜来香

青江三奈

あわれ春風に 嘆くうぐいすよ 月に切なくも 匂う夜来香 この香りよ

長崎の蝶々さん

美空ひばり

肥前長崎 港町 異人屋敷の たそがれは 何故かさびしい

青春サイクリング

小坂一也

みどりの風も さわやかに にぎるハンドル 心も軽く サイクリング

ああダムの町

三浦洸一

甘く酸っぱく 東京の夢が むせびくる様な 呼ぶ様な 花の唇

丘にのぼりて

若原一郎

丘にのぼりて 黄昏の 山に向かえば ふるさと恋し ああ

東京午前三時

フランク永井

真っ紅なドレスが よく似合う あの娘想うて むせぶのか ナイト・クラブの

Jailhouse Rock(監獄ロック)

Elvis Presley

The warden threw a party

納豆うりの唄

宮城まり子

暁の明星が うるんで消えりゃ 街にそろそろ 朝が来る 声をからして

東京は恋人

大津美子

東京は 恋人 私のこころを 知っている 「ひとりぼっちでも

面影いずこ

白根一男

想い出は 想い出は 風のささやきよ 故郷の 森に林に

星座仰いで

松島詩子

夜空を仰げば きらめく星座 聞かせておくれ 過ぎし日の 想い出を

男のブルース

三船浩

ネオンは巷に まぶしかろうと 胸は谷間だ 風も吹く 男ならばと

母の便り

春日八郎

暗い夜業の 灯の陰に そなた案じて 筆とり候 秋の祭りの

お月さん今晩わ

藤島桓夫

こんな淋しい 田舎の村で 若い心を 燃やしてきたに 可愛いあの娘は

リンゴ花咲く故郷へ

三橋美智也

生れ故郷を 何で忘れてなるもんか 昨夜も夢見て しみじみ泣いた そろそろお山の

流転わらべ唄

津村謙

胸に風コが ころげる夜は 故郷のいろりの ぬくみが恋し 帰るあてない

高原の駅よさようなら

三沢あけみ

しばし別れの 夜汽車の窓よ いわず語らずに 心とこころ またの逢う日を

そっとこのまま

林伊佐緒

このまま このまま そっとこのまま ランプをつけたら 涙あふれる

黒と白のニンバ

池真理子

はあ 黒か白か わからない (ハア ワカラナイワカラナイネ)

野球小僧

灰田勝彦

野球小僧に逢ったかい 男らしくて純情で 燃える憧れスタンドで じっと見てたよ背番号 僕のようだね

看板娘の花子さん

曽根史郎

花子さん 花子さん 年は十八 番茶も出ばな 評判娘で

雨の東京

淡谷のり子

雨の夜は 雨の夜は 逢いたさに なぜか知らないしみじみさ 柳がくれの銀座道

Be Bop A Lula

雪村いづみ

Well, be-bop-a-lula, she’s my baby

未練の波止場

松山恵子

もしも私が 重荷になったらいいの 捨てても恨みはしない お願いお願い 連れて行ってよ