1. 歌詞検索UtaTen
  2. 中田裕二
  3. 朝焼けの彼方に歌詞
よみ:あさやけのかなたに

「朝焼けの彼方に」の歌詞

朝焼けの彼方に 歌詞
中田裕二
2015.11.25 リリース
作詞
中田裕二
作曲
中田裕二
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
群青ぐんじょうから紫色むらさきいろ星空ほしぞら
オレンジいろ朝焼あさやけが まどから

これ以上いじょうなに出来できない きみはここから
とどまらずにおもうがまま あのゆめまで

ちいさなきみ背中せなか
ぼくはなれてゆく
ひとりで見知みしらぬ明日あした
あるいてゆく

ふたつのほしめぐって
ちかづき やがて はぐれた
たがいのひかりやして
ながった

いつもみたいに くちづけをして ひたいせた
こころがまだしがみついて すぐにはなれない

最後さいごかどうか わからないけど わからないけど
むすびつけたこの身体からだしずかにふたりは
ほどいた

もとぎる
ふたりにあたえられた
あいのことわり

一度いちどかえらずに
そのままとおかすんだ
ふるえるかたをこらえて
朝日あさひなか

ふたつのほしめぐって
ちかづき やがて はぐれた
たがいのひかりやして
ながった

朝焼けの彼方に/中田裕二へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:朝焼けの彼方に 歌手:中田裕二