1. 歌詞検索UtaTen
  2. MIKOTO
  3. 月下の唄は影よりも黒く歌詞
よみ:げっかのうたはかげよりもくろく

「月下の唄は影よりも黒く」の歌詞 PS VITA 百花百狼~戦国忍法帖~OPテーマ

MIKOTO
2016.3.23 リリース
作詞
MIKOTO
作曲
MIKOTO
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
だからわらないよるが そのばして
かぜになびかせるこえいてしまった
そっと残酷ざんこく

そして見失みうしなよる首元くびもとからんで
やみひびいそうな 秘密ひみつしのばせる
もっとゆるやかに

くるいだすいたみが こころえぐりとっても
はなよ どうからないで
まよえるひとみ宿命さだめまじわる刹那せつな
ときかすかに かたはじめた

月下げっかもれたくろにじむまで あのそらくすまで
ここにはもどれない そうちかうなら
ぬぐえないつみあじたされた 歴史れきしいばらつか
あらがえるやいばむねめて

いたくるエド
はなラナイデ
ねが麻痺まひスレド
はなラナイデ

だから味気あじけないよるひろがる深淵しんえん
どこかさらけいのち 嘲笑あざわらったようだ
ずっとあでやかに
麻痺まひしたねがいが どこまでうばっても
はなよ どうからないで
なみだ宿命さだめわす永遠えいえん
ときたしかに かたつづけた

月下げっかもれたくろにじむまで 浮雲うきぐもかすみゆくまで
かげうたさけこわれるほど
ぬぐえないつみあじたされた このむくろいた
めるやいばむねめて

いたくるエド
はなラナイデ
ねが麻痺まひスレド
はなラナイデ

月下げっかもれたくろにじむまで あのそらくすまで
ここにはもどれない そうちかうなら
ぬぐえないつみあじたされた 歴史れきしいばらつか
あらがえるやいばむねめて

めるやいばむねめて

いたくるエド
はなラナイデ
ねが麻痺まひスレド
はなラナイデ

月下の唄は影よりも黒く/MIKOTOへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:月下の唄は影よりも黒く 歌手:MIKOTO