1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 7月26日未明歌詞

1984.10.21 リリース

「7月26日未明」の歌詞 吉田拓郎

iTunesで購入
曲名
7月26日未明
アルバム
吉田拓郎 ONE LAST NIGHT IN つま恋
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
たとえそれがかなわないゆめでも
自分じぶんころしてまでつづけるよりは
みちばたの小石こいしになろうとも
いまうごかないよりはまだましなのさ

まぐるしいときながれなど
横目よこめでにらみつければいい
わらないこころがあるかぎ
ひとのそしりはとおあめのよう

幸福しあわせおおきさなどはかれないもの
不幸ふこうふかさはやみおくまでつづ
いずれにをゆだねていたところで
明日あすかたちえるわけじゃない

えなければならないものがある
かたらずにかねばならないときがある
コップ一杯いっぱいみず一息ひといきして
あさのうちにそとあめかんじよう

言葉ことばいすぎた人々ひとびと
満足まんぞくという定期便ていきびんつばかり
こころまずしくなっているけれど
現実げんじつにはたされた気分きぶん

踏切ふみきり通過つうかする満員電車まんいんでんしゃ
あらゆるためいきをつめんでいる
どこのえきだれりようとも
ベルにせかされ電車でんしゃはし

きていくのがそれこそわずらわしいときがある
はじをさらすには それだけ利口りこうになりぎて
たけどふねはまだみなとなか
おくれそうなのはだれ
うさ うさ
おそすぎること

ひとあいしたり ひとこばんだり
なにかをうばったり 束縛そくばくされたり
人生じんせいのメニューはいつもおおすぎて
ひとつだけをえらべないでいる

つけっぱなしたままのブラウンかんからは
欺瞞ぎまんちた笑顔えがおとやさしさが
現実げんじつつたえるニュースの合間あいま
土足どそくのままではいんで

ひとまれたときすでにたびをしている
あたまなかにそれぞれの地図ちずひろ
だれかとの出会であいでどまっても
旅人たびびとめるくさり

すべてがわってしまったわけじゃない
いまなにかをはじめればそれでいい
荷物にもつをまとめようとしなくても
そのなかの1つだけたずさえていこう

きていくのがそれこそわずらわしいときがある
はじをさらすには それだけ利口りこうになりぎて
たけどふねはまだみなとなか
おくれそうなのはだれ
うさ うさ
おそすぎること

7がつ26にちみめい/よしだたくろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:7月26日未明 歌手:吉田拓郎

リンクコード:

ブログ用リンク:

吉田拓郎 人気歌詞ランキング

吉田拓郎の歌詞一覧を見る

吉田拓郎のニュース