1. 歌詞検索UtaTen
  2. n-buna
  3. 劇場愛歌歌詞
よみ:げきじょうあいか

「劇場愛歌」の歌詞

n-buna
2015.1.22 リリース
作詞
n-buna
作曲
n-buna
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ってない いてない ってない
きっとってっちゃったんだ わけかたまり
そっとさ つらくもないようにしゃがんだら
もう自分じぶんうそいて らんかおぼくがいた

いたいけど 見返みかえしたいけど
ずっとってなんしてないようなぼくじゃ呼吸こきゅうさえ出来できてない
きたいような くだらない文句もんくばっかりおぼえてる
まだ えそうにないくらいのさ
あのかんじはってわらっていたいのに

きみのせいだ」 ぼくのせいなんだって
もうかんがえたくもないよそんなのは
していてすだけの感傷かんしょうりかざして
あの日描ひえがいたそれがかわまえ
せない願望がんぼうさえいろうしなっていく
あぁ わっちゃったって 馬鹿ばかみたいにわらってさ

ちがしんじたい っていたい
ぼくをもっとつたえたくて そのくせに臆病おくびょう
ってない なにがしたいかもわかってない
もう期待きたいさえいてってせばらくだろうな

いたいとか 見返みかえしたいとか
そんなこえを「ちょっと幼稚ようちだ」ってわらってながしてしまえたら
どうしようもない こえないなんてもうわかりきってる
あぁ えそうにないくらいのさ あのかんじで
ゆめだって妥協だきょうしちゃうくせ

うそみたいに ぼくをわかんないで
ってほら残念ざんねんそうな値踏ねぶんじゃって
わらったあのときぼくんじゃえばいいよ
馬鹿ばかみたいだ きみもそうなんだ
つめたい観衆かんしゅうなんかもうないでいたい
ほら ピンスポットもはずれた シートにすわってさ

あぁ 今思いまおもしてみたって
ぼくらはすぐそれを淘汰とうたしていく
どうにもまぶしすぎた舞台照明ぶたいしょうめい全部ぜんぶ
きっときみのせいだ

うそいた げたかったんだ
まない心臓音しんぞうおんいやわらったって
だれしんじたいだけのぼくらの劇場愛歌げきじょうあいか
みじめなんだ ずっとそうなんだ
えない願望がんぼうなんかもうないでいたい
あぁ

ちが

ぼくのせいだ」 全部ぜんぶそうなんだ
ってもうかんがえないでいたいよそんなのは
していてすだけの感傷かんしょうきみのせいだ
馬鹿ばかみたいだ わすれないなんて またねなんて
ねぇ いまならもういいかい?
あぁ まだ まだ まだ



劇場愛歌/n-bunaへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:劇場愛歌 歌手:n-buna