1. 歌詞検索UtaTen
  2. あがた森魚
  3. 誰が悲しみのバンドネオン歌詞

2015.3.1 リリース

「誰が悲しみのバンドネオン」の歌詞 あがた森魚

作詞
マリアーノ・モーレス,訳詞:あがた森魚
作曲
エンリケ・サントス・ディセボロ
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
パリ……だい博覧会はくらんかい だい観覧車かんらんしゃまわった
そのつかのこと
それは二十世紀にじゅっせいき時計とけいまわりはじめたよる出来事できごと
イルミネーションがいろどりはじめ
リンドバークがルージュをひいた
ツェッペリンもそら葉巻はまきをくゆらせ
ニジンスキーがひばりのようおどった

なぜあなたとわかわかれに
きることになってしまったのだろう
おりしも世界せかい不幸ふこう戦争せんそう
みなやつれてていたけど
ぼくらの楽団がくだん世界中せかいじゅうめぐり
それはそれでしあわせだった
世界せかいまちではねずみいろ不幸ふこうをまとい
ぼくらはかれらと元気げんきそうと
かなでたつもりだった
だれしもがおなほしした
ひもじくある子供こどもだったから

おなじテーブルにすわれること
おなじものをべるゆめ
そんなゆめさえ バンドネオンをかなでたところで
ひもじさすらすくえず
あなたともうやっていけないと
楽譜がくふをたくさんき バンドネオンを
われるままに列車れっしゃ
まちからまちへとかなであるいた日々ひび

キャンドルのあかりだけで
二人ふたりごしたクリスマスイヴのこと
またたくほしにあなたのんだよる
どれもこれもがかえらぬ日々ひびあわゆめ
だれしもがいたみ またよろこびきた日々ひび

なぜあなたとわかわかれに
きることになってしまったのだろう
街々まちまちには平和へいわがよみがえり
だれともうまくやれるときたのに
ぼくらの楽団がくだん世界中せかいじゅうめぐり
それはそれでしあわせだった
それなのにぼくらは
二人ふたりだけのかなしみをもちはじ
ぼくらはたがいに元気げんきそうと
かなでたつもりだった
だれしもがおなほしした
ひもじくある子供こどもだったから

おな屋根やねしたらすこと
おなゆめをもちあうこと
そんなゆめさえ バンドネオンをかなでたところで
ゆめすらうしないかけ
あなたをわすれてしまおうと
楽譜がくふをたくさんき バンドネオンを
われるままに列車れっしゃ
まちからまちへかなであるいた日々ひび

あかりをつける気力きりょくもなく
ひとりたたずんだクリスマスイヴのこと
またたくほしにあなたとあるいたよる
どれもこれもがいつかあわゆめ日々ひび
だれしもがいたみ またよろこびきた日々ひび

だれがかなしみのばんどねおん/あがたもりぎょ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:誰が悲しみのバンドネオン 歌手:あがた森魚

リンクコード:

ブログ用リンク:

あがた森魚 人気歌詞ランキング

あがた森魚の歌詞一覧を見る