1. 歌詞検索UtaTen
  2. cero
  3. 大洪水時代歌詞
よみ:だいこうずいじだい

「大洪水時代」の歌詞

cero
2012.10.24 リリース
作詞
高城晶平
作曲
高城晶平
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ひがしから もくもくとした積乱雲せきらんうんながされて
ながあめ東京とうきょう街並まちなみがうみになった 六畳ろくじょう一間ひとまふねになった

まどそと 水平線すいへいせんかれ だれもかれもヒキコーモリです
あの どこへやら 偽物にせものはなってうみげた
中央線ちゅうおうせんがしぶきをあげた

たびましょう いまこそ そのとき
すべいて
わかれの挨拶あいさつどころか まだなにはじまってもいやしないぜ

なみちよせて なにかのえかすが まどにはりつく
過去かこ未来みらいながされて
意味いみくした いつかの約束やくそくながれついた

くろ邪魔じゃまよるうみいでいる
なみのうねりにあわせて れる ランプのとも

くろいしぶきにあしひたして5つおしえて
やっと1人ひとりになれた いまなにかが はじまった?

後戻あともどりできないさ どこまでも うみつづいて…
かぜがふいた…そのとき

大洪水時代/ceroへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:大洪水時代 歌手:cero