1. 歌詞検索UtaTen
  2. ツヅリ・ヅクリ
  3. こんな獣道の真ん中に立っていた歌詞
よみ:こんなけものみちのまんなかにたっていた

「こんな獣道の真ん中に立っていた」の歌詞

ツヅリ・ヅクリ
2016.6.15 リリース
作詞
ムム
作曲
ムム
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
幾通いくとおりもの取捨選択しゅしゃせんたくっているこのいま
本音ほんねそこでは いくつかの後悔こうかいがあります
本当ほんとうにこれでかったのかな まよんだ路地裏ろじうらさき
片目かためつぶしたねこ油断ゆだんなくこちらにら

なに正解せいかいかなんて世界せかいなにしんじてきるかは
きみがその尺度しゃくどめるんだよ ぬまで」

何度なんど何度なんどわたしるから
つぎえらぶことに もうつかれてしまったよ
みちなどさがさず 何処どこかへえるきみ
うらやましくおも自分じぶんずかしい

かえればせんさくまんあぜ だからかえ必要ひつようもない
明日あしたるな いまだけきろと
自分じぶんかせてきた

わたしがいるのはいまだけよ 過去かこにも未来みらいにもいないのに
もどされる このきずついたこころ在処ありか何処どこ?

あのあのとき 自分じぶんえらんだみち
こころをないがしろにしたことさえ わすれていた
はしってはしって げるようにすすんだ今日きょう
くずすように あかねそらにじ

路地裏ろじうらねこはきっとわたしに こうげたかったのだろう
きずつく自分じぶんすくえるのはきみだけだ まえけ」

何度なんど何度なんどわたしっても
のこっている嗅覚きゅうかく明日あしたけていこう
みちなどさがさず 何処どこかへえたきみ
見送みおくわたしもまた こんな獣道けものみち
なかっていた

こんな獣道の真ん中に立っていた/ツヅリ・ヅクリへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:こんな獣道の真ん中に立っていた 歌手:ツヅリ・ヅクリ