1. 歌詞検索UtaTen
  2. 清木場俊介
  3. 初冬 ~記憶の欠片~歌詞
よみ:しょとう ~きおくのかけら~

「初冬 ~記憶の欠片~」の歌詞

清木場俊介
2019.10.23 リリース
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
あさ親父おやじからの連絡れんらく ばあさんがくなりました…
あたたかい珈琲こーひーかおりも どこかへえて…
いつだったかすうねんまえ 親父おやじからの伝言でんごん
ばあさんにっとけ」 えたことうれしくおも

むすめかおわすれて まご記憶きおくいまま
さぐるようにつなわせて たまにもど記憶きおく欠片かけら

よる通夜つやかう途中とちゅう何度なんどみちまよいました
となりすわちいさなからだおもわず…けてしまって

暗闇くらやみ彷徨さまよいながら 貴女あなたさみしかったろうと
両手りょうてわせていのりました "ずっとははまもってください"

まれてからくまで なにかんなにまなぶのか?
肉体にくたいからたましいけるとき ひとなにえがくのか?

まれてからくまで なに目指めざ何処どこかうのか?
まるでいまにもますかのように
きよらかに貴女あなたうるわしかった…。

初冬 ~記憶の欠片~/清木場俊介へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:初冬 ~記憶の欠片~ 歌手:清木場俊介