1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松山千春
  3. 街の灯り歌詞
よみ:まちのあかり

「街の灯り」の歌詞

松山千春
1989.11.28 リリース
作詞
松山千春
作曲
松山千春
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
まちあかりをとおくにつめ
何度なんどでも何度なんどでもやりなおせるわ
そんなおまえ無邪気むじゃきこえ
じてこみげるなみだめた
はなしたくないはなれたくない
あいたよりにきてみようかなにもかもをかけて

たのしいだけの毎日まいにちなんて
つまらないありえないゆめのおはなし
そんなおまえのあどけないかお
ひとすじのあざやかななみだがつたう
まちあかりよにじむあかりよ
どうかこのまま二人ふたりあいやさしく見守みまもって

まちあかりよにじむあかりよ
どうかこのまま二人ふたりあいやさしく見守みまもって

街の灯り/松山千春へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:街の灯り 歌手:松山千春