1. 歌詞検索UtaTen
  2. 三門忠司
  3. 流れて大阪歌詞
よみ:ながれておおさか

「流れて大阪」の歌詞

三門忠司
1999.11.3 リリース
作詞
猪又良
作曲
市川昭介
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
おれの人生じんせいきずだらけ
まえ不幸ふこうおんなだが
やさしい寝顔ねがおていると
うすれてくるぜきずあとが
ながれて大阪おおさか道頓堀どうとんぼり
宿やど裏窓うらまど はるあめ

ついてくるのはうれしいが
わたるは苦労くろうはしばかり
ゆめまでいて いるのかい
やつれたほおにひとしずく
ながれて大阪おおさか道頓堀どうとんぼり
こいえてもすきまかぜ

かえ故郷こきょうおやもない
もの同志どうしのめぐり
出直でなおしできよう二人ふたりなら
なみだあまくなるだろう
ながれて大阪おおさか道頓堀どうとんぼり
みずにきらめくネオンばな

流れて大阪/三門忠司へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:流れて大阪 歌手:三門忠司