1. 歌詞検索UtaTen
  2. エレファントカシマシ
  3. 覚醒 (オマエに言った)歌詞
よみ:かくせい (おまえにいった)

「覚醒 (オマエに言った)」の歌詞

エレファントカシマシ
2003.7.16 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
オマエに昨日きのう夜中よなかはなししたことは
べつにオレがきゅうえらくなったわけじゃなく
三十七さんじゅうなななり。オレの青春せいしゅんわったけれど
明日あすもあさってもオレはやってくから

ひとりでいるときには様々さまざまなことをかんがえようとしている
偉大いだいひとたちのかんがえを辿たどったになって

オレの部屋へやには理解りかいえたほん
むなしい気分きぶんがつきまとってる
かんじろ おもえ おのれ自身じしんのココロで そんなことをオマエにはなした

タバコをふかしながらまちあるいた
うしなわれてく情熱じょうねつをオレはあるきながらかんじた

くるまぎて
オレをとおしてゆく
タバコをふかすオレを

あせさえながれぬまちくオレ
天国てんごくでも地獄じごくでもなきいま
三十七さんじゅうななのオレがあるいていた そんなことをオマエにった

覚醒 (オマエに言った)/エレファントカシマシへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:覚醒 (オマエに言った) 歌手:エレファントカシマシ