1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. イメージの詩歌詞

1970.6.1 リリース

「イメージの詩」の歌詞 吉田拓郎

iTunesで購入
曲名
イメージの詩
アルバム
よしだたくろう 青春の詩
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
これこそはと しんじれるものが
このにあるだろうか
しんじるものがあったとしても
しんじないそぶり
かなしいなみだながしているひと
きれいなものでしょうね
なみだをこらえて わらっているひと
きれいなものでしょうね

おとこはどうしておんなもとめて
さまよっているんだろう
おんなはどうして おとこもとめて
着飾きかざっているんだろう
いいかげんなやつらと くちをあわして
おれあるいていたい
いいかげんなやつらも くちをあわして
おれあるくだろう

たたかいつづけるひとこころ
だれもがわかってるなら
たたかいつづけるひとこころ
あんなには えないだろう
きずつけあうのが こわかったむかし
とお過去かこのこと
ひとにはひときずつけるちからがあったんだろう

きぬけるかぜのような
おれ世界せかい
一度いちどはおいでよ
れはてた大地だいちにチッポケなはなひと
かせておこう
おれもきっときみのいる太陽たいようのあるところへ
ってみるよ
そして きっとうだろう
てみてかった きみがいるから

ながながさかのぼって
あとてごらん
だれもいないだろう
ながながさかをおりて
あとてごらん
みんなうえるさ
きどったしぐさが したかったあんた
かがみてごらん
きどったあんたがうつってるじゃないか
あんたは立派りっぱひと

そらぶのはとりはねがあるから
ただそれだけのこと
あしがあるのにあるかないおれには
はねえやしない

はげしいはげしいこいをしているおれ
いったいだれのもの
自分じぶんじゃ いたいのさ
きみだけのおれだと きみだけのものだよと
裏切うらぎりのこいなか
おれ一人ひとりもがいている
はじめから だますつもりでいたのかい
ぼく恋人こいびと

ひといのちえるとき
ひとなにおも
ひといのちうまれるときには
ひとはただわらうだけ

ふるふねにはあたらしい水夫すいふ
んでくだろう
ふるふねをいま うごかせるのは
ふる水夫すいふじゃないだろう
なぜならふるふねあたらしいふねのように
あたらしいうみ
ふる水夫すいふっているのさ
あたらしいうみのこわさを

いったい
おれたちのたましいのふるさとってのは
どこにあるんだろうか
自然しぜんかえれってうことは
どううことなんだろうか
だれかがってたぜ
おれ人間にんげんとして 自然しぜんきているのさ
自然しぜんきるって
わかるなんて
なん不自然ふしぜんなんだろう

孤独こどくをいつのにか
さびしがりと かんちがいして
キザなセリフをならべたてる
そんな自分じぶん
かなしいおとこかなしいおんな
いつもひとりごと
それでもいつかは
いつものように なぐさめあっている

いめーじのうた/よしだたくろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:イメージの詩 歌手:吉田拓郎

リンクコード:

ブログ用リンク:

吉田拓郎 人気歌詞ランキング

吉田拓郎の歌詞一覧を見る

吉田拓郎のニュース