お吉物語 歌詞 中村美律子 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 中村美律子
  3. お吉物語歌詞
よみ:おきちものがたり

お吉物語 歌詞

中村美律子

2011.4.20 リリース
作詞
藤田まさと
作曲
陸奥明
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
いてむかしかえるなら
なんで愚痴ぐちなど うものか
はなのいのちは 一度いちどだけ
よしておくれよ 気休きやすめは

(セリフ)
「なにもかもおしまいなんだ。
でもさ、わたしにゃわかったのさ。
どんなにおとこにくんだって、おんなおんな
おんなひとりじゃらせないってことがさ。
なかわたあるいて、しみじみそうおもったんだよ。
わたしだっておんなだものねぇ……」

ゆめました こいもした
二世にせいちかった ひと
むすめごころの べにつばき
どこでどなたが ったやら

(セリフ)
「ハリスさんもんだ。つるさんもんだ。
今度こんどは、わたしのばんなんだ。
いまのわたしは、あなのあいた
三味線しゃみせんみたいなものなんだ。
どんなにつくろってたって、
もうむかしなんかやしない。
…おさけだよ。おさけおくれッー」

つら浮世うきよ路地ろじうらで
どくりつつ むおさけ
下田しもだみなとの お月様つきさま
あかるすぎます おきちには

お吉物語 / 中村美律子 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/05/30 09:40

泣いて昔が戻るなら何で愚痴など言うものか・・さりげない出だしであるが、このフレイズが何かの拍子に口から出ると言うのはさすがに藤田まさとの詩才である・・花の命は一度だけよしておくれよ気休めは、これも自分に対して口ずさむときがある・・夢も見ました恋もしたニ世を誓った人もいた、娘心の紅椿、何処でどなたが折ったやら、辛い浮世の路地裏で、毒と知りつつ飲むお酒、下田港のお月様、明る過ぎますお吉には・・物語を知ってるが、この歌私用してます・・

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:お吉物語 歌手:中村美律子