1. 歌詞検索UtaTen
  2. 藤田まさとの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

藤田まさとの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

136 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

浪花節だよ人生は

細川たかし

歌詞:飲めと言われて 素直に飲んだ 肩を抱かれて その気になった 馬鹿な出逢いが

岸壁の母

二葉百合子

歌詞:母は来ました 今日も来た この岸壁に 今日も来た とどかぬ願いと

岸壁の母

岩本公水

歌詞:母は来ました 今日も来た この岸壁に 今日も来た とどかぬ願いと

水戸黄門旅日記(TBSテレビ映画 水戸黄門 主題歌)

三波春夫

歌詞:風吹くままに 花は散り 雲行くままに 人は去る 世の移ろいを

麦と兵隊

東海林太郎

歌詞:徐州々々と 人馬は進む 徐州居よいか 住みよいか 酒落た文句に

名月綾太郎ぶし

三波春夫

歌詞:芸道修行の 辛さより あかぬまなこは 尚辛い いとし女房の

一本刀土俵入り

三波春夫

歌詞:千両万両 積んだとて 銭じゃ買えない 人ごころ 受けた情の

傷だらけの人生

鶴田浩二

作詞: 藤田まさと

作曲: 吉田正

歌詞:「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ 新しいものを欲しがるもんでございます。 どこに新しいものがございましょう。 生まれた土地は荒れ放題、今の世の中、 右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。」

旅鴉

五木ひろし

作詞: 藤田まさと

作曲: 遠藤実

歌詞:百里千里を 歩いても 歩くだけでは 能がない ましてやくざな

まつのき小唄

和田弘とマヒナスターズ with 安倍律子

作詞: 藤田まさと ..

歌詞:松の木ばかりが まつじゃない 時計を見ながら ただひとり 今か今かと

大利根月夜

美空ひばり

歌詞:あれを御覧と 指差す方に 利根の流れを ながれ月 昔笑うて

妻恋道中

羽山みずき

歌詞:好いた女房に 三下り半を 投げて長脇差 永の旅 怨むまいぞえ

鴛鴦道中

高田浩吉,青葉笙子

歌詞:堅気育ちも かさなる旅に いつかはずれて 無宿者 知らぬ他国の

浪花節だよ人生は

歌恋

歌詞:飲めと言われて 素直に飲んだ 肩を抱かれて その気になった 馬鹿な出逢いが

旅笠道中

三波春夫

歌詞:春は世に出る 草木もあるに 阿呆鴉の 泣き別れ 連れに逸れた

一本刀土俵入り

天童よしみ

歌詞:千両万両 積んだとて 銭じゃ買えない 人ごころ 受けた情の

岸壁の母 (イントロナレーション・台詞入り)

菊池章子

歌詞:「ああ おっ母さん、よく来た。 そう呼んで下さい、ただ一度。 海をへだてた、その空千里 とどかぬ願いと知りながら

鯉名の銀平

五木ひろし

歌詞:雪の伊豆路を 下田へ三里 なにを急ぎの 三度笠 脇差で斬れない

旅鴉

天童よしみ

作詞: 藤田まさと

作曲: 遠藤実

歌詞:百里千里を 歩いても 歩くだけでは 能がない ましてやくざな

ある女の詩

美空ひばり

歌詞:雨の夜来て ひとり来て わたしを相手に 呑んだ人 わたしの肩を

岸壁の母

菊池章子

歌詞:母は来ました 今日も来た この岸壁に 今日も来た とどかぬ願いと

母恋鴉

五木ひろし

歌詞:水戸を離れりゃ 松戸へ十里 街道がらすが 一ト声泣いた 母はどこかと

まつの木小唄

島津悦子

作詞: 藤田まさと ..

歌詞:松の木ばかりが まつじゃない 時計を見ながら ただひとり 今か今かと

枯葉小僧の子守唄

内山田洋とクール・ファイブ

歌詞:枯葉小僧が 飛んでいる 寒い晩です 銀座です 恋の終りか

鴛鴦道中

島津亜矢

歌詞:「可笑しいねえ 年も違えば故郷も違う もとは他人の男と女が 今では夫婦 鴛鴦ぐらし

流転

藤田まこと

歌詞:男命を みすじの糸に かけて三七 二十一目くずれ 浮世かるたの

大利根月夜

五木ひろし

歌詞:あれをご覧と 指さす方に 利根の流れを ながれ月 昔笑うて

三度笠

杉良太郎

作詞: 藤田まさと

作曲: 遠藤実

歌詞:「泣くのは やめておくんなさいよ 泣くのが嫌さに笑って すごすはぐれの異三郎 他人が泣くのを見るのも

大江戸出世小唄

高田浩吉

歌詞:土手の柳は 風まかせ 好きなあの子は口まかせ ええ しょんがいな

男の人生

杉良太郎

作詞: 藤田まさと

作曲: 遠藤実

歌詞:泥をつかんで 歩こうと 傷を背負って 歩こうと 歩いた道に