1. 歌詞検索UtaTen
  2. てにをは
  3. イヌガミ邸神懸りミステリヰ歌詞

2014.10.22 リリース

「イヌガミ邸神懸りミステリヰ」の歌詞 てにをは

iTunesで購入
曲名
イヌガミ邸神懸りミステリヰ
アルバム
モノノケミステリヰ
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
夜露よつゆ一粒ひとつぶだけこぼちるとしたらだれほおえらぶだろう。
ぼくはこれから永遠えいえん指切ゆびきりするんだ。あかふすまければ儀式ぎしきあいだ
かなしいわけじゃない。そうか……これがせつないってことなんだ。
ゆたかな旋律せんりつがまぶたのうらかぶ。もみじう。
何代なんだい何代なんだいがれる。すくいをう。崇拝すうはい土着どちゃく信仰しんこう
球体きゅうたい先端せんたんさがつづけ、ぼくはきみをすくうためにヒトをやめ、
きみに巣食すくうモノをはらう。病魔びょうまれ。薄倖はっこうれ。
ぼくはきみのためにいぬになる。
桜花おうかとははるくにあらず。
はるって春夏秋冬ひととせじるものなり。』
幽遠ゆうえん回廊かいろうまよつづけ、かみ牡丹ぼたんはなからまり、
ぼくのこい最後さいごまで空回からまわり。
山菜さんさいあら父様とうさまちいさなちいさな箒星ほうきぼし
つぐみはねふねのように、ほかにはないあらたなはなえがく。

いえぐのよ。つよくおなりとった。母様かあさまぼくにった。
うん、うまくやるよ平気へいきだよ。でもきみとあそべなくなるのはさびしいな。
土地とちすくうためにえささげ、ヒトがかみつく山村やまむらに、
探偵たんていだん名乗なの子供こどもら。嗚呼ああどうかどうか邪魔じゃましないでおくれ。」

なぞあばくは探偵たんていなれど
こいあばくはぼくらの仕事しごとじゃない

一歩いっぽあゆむごとによみがえる、おさな情景じょうけい
麦藁帽子むぎわらぼうししたわらうきみ。とても綺麗きれいだ、綺麗きれいだった」

「まどろむ縁側えんがわそろそろきて。
一族いちぞくおきてまもるため――なんて
もうそんなの本当ほんとうはどうだっていいんだ。きみをすくいたいそれだけなんだ
母様かあさまにだって内緒ないしょだよこんなおもい。
ちた蟻地獄ありじごくにそっとほうんで仕舞しまんで秘密ひみつなんだ、ぼくのこいは。
そしてぼくのなかかみりる。
きみのうでむねみつきたい。自分じぶん自分じぶんでないみたい。
そうかぼくはもうとうにヒトじゃない。
ヒトじゃない。ヒトじゃなかったんだ。
それでもわらころげふたりでき、昼寝ひるねをし、喧嘩けんかをしたこと、
おさな足取あしどりでさわをまたいだこと、わすれない――わすれないよ。」

きばえてもこころ子供こども
けものえてこころ子供こども
なぞあばくは探偵たんていなれど
こいあばくはぼくらの仕事しごとじゃない

「どこかでだれかがあい告白こくはくしている。
ちてきそうなそらしただれかが。
せたきみのまぶた初雪はつゆきるをたあのときから、
ぼくはきみのことを――」

ぼくはきみのいぬになる

キミノシアワセダケヲネガフ

いぬがみていかみがかりみすてりゐ/てにをは

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:イヌガミ邸神懸りミステリヰ 歌手:てにをは

リンクコード:

ブログ用リンク:

てにをは 人気歌詞ランキング

てにをはの歌詞一覧を見る

てにをはの特集