1. 歌詞検索UtaTen
  2. 五輪真弓
  3. 太陽を彼方に歌詞
よみ:たいようをかなたに

「太陽を彼方に」の歌詞

太陽を彼方に 歌詞
五輪真弓
1994.3.9 リリース
作詞
五輪真弓
作曲
五輪真弓
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
サンライズ・サンセット とおそら
わたしはひとりている
すなもれたなつ おもえばいとしい
子供こどものように 無邪気むじゃきこころでたわむれて
いつしか 大人おとなであることもわすれた

ああ何故なぜ ひとはふりかえこいわり
ただぎてゆく ときまよ
づかぬまま

サンライズ・サンセット 太陽たいよう
しずみ またのぼるように
明日あしたになれば わたしもあのとりって
見知みしらぬどこかのまちかぜられながら
さすらうなみだてて まれわる

ああ何故なぜ ひとこいをしてたび
そしていつのか まためぐり
あいのために きてゆくの

ああ何故なぜ ひとこいをしてたび
そしていつのか まためぐり
あいのために きてゆくの

太陽を彼方に/五輪真弓へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:太陽を彼方に 歌手:五輪真弓