一歩ずつの季節 歌詞 児島未散 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 児島未散
  3. 一歩ずつの季節歌詞
よみ:いっぽずつのきせつ

一歩ずつの季節 歌詞

児島未散

1992.1.29 リリース
作詞
来生えつこ
作曲
羽田一郎
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
わる季節きせついかけて
かぜなかれるとまどいは らずにえていく
いまおものシーンも
なつかしく こころしみるけど ときすすんでく
いつかくちづけで おどろかせた
わたし本気ほんきだったの いまうそじゃない

舗道ほどうあしめた あのとき
あなたまるで少年しょうねんみたいで
きっと突然とつぜんすぎたかも
友達ともだちのままで いてねなんて 不思議ふしぎ
風向かざむきでわる恋心こいごころめてねいつも
一歩いっぽずつ明日あした えてゆくから
せなかったこい 言葉ことばにしていく
いつも とびらがあり 未来みらい
そうよわたし おそれず けてく

わる季節きせついついて
これからは もっと素直すなおがいい 言葉ことばかざらない
いまおものシーンも
なつかしく こころしみるけど ときすすんでいく
あなたの背中せなか 無口むくちでも
(わたしにそっとかたりかける)

わる季節きせついついて
これからはもっと 素直すなおがいい 言葉ことばかざらない
いまおものシーンも
なつかしくこころしみるけど ときすすんでいく

一歩ずつの季節 / 児島未散 の歌詞へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:一歩ずつの季節 歌手:児島未散