1. 歌詞検索UtaTen
  2. 熊木杏里
  3. 一等星歌詞
よみ:いっとうせい

「一等星」の歌詞

熊木杏里
2007.10.24 リリース
作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
いつも背中合せなかあわせにあって 自分じぶんではえないから
だれかのうつった姿すがたには もう一人ひとりわたしがいて

もっとはなしたいひとがいる きたかったことがある
出会であえたことからはじまってゆく それがひとひとえん

わけのないかなしみはなくて ひろいきれないしあわせがあるというだけ

物語ものがたりがいつもわたしのぞむようにはすすまないけれど
そのたびこころかしてくれる ひとたちがいることにがついてゆく

ごとつよくなるつながりを わすれないでいたいから
かげのようにいつでもすぐそばで どうかわたしていて

たずさえた言葉ことばつたえて ひとりひそかにはなれてゆこうとしないで

物語ものがたりはきっとだれかの おもいをのせてすすんでゆくもの
さかさにしていた ゆめ時計とけい もとにもどしてとききざまれてゆく

ほしではまらない 星空ほしぞらながめていても
きずかぜにさらされても ひとひとすくわれてる

物語ものがたりはいつもわたしを ひとつえてつくられてゆくから
もどりみちにさよならをして まだなにもない 明日あしたをつくってゆく

一等星/熊木杏里へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:一等星 歌手:熊木杏里