1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鈴木雅之
  3. 君歌詞
よみ:きみ

「君」の歌詞

鈴木雅之
1992.8.29 リリース
作詞
西尾佐栄子
作曲
安部恭弘
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
部屋へやいたままのぼくのシャツが椅子いす背中せなか
きみ一人ひとりきりのときもここにきっとすわっている

いたコーヒーの湯気ゆげ 水槽すいそうのコバルト なんにもえないけれど
きみがこのままぼくためつみかさねるなら ばつはどうかぼくだけに

ぼくはなかおためすようにかおめて
きみにが果実かじつかじるようにそっとまゆせた

なみにさらわれたなら電話でんわのベルさえもかぜおとわるから
いまはなにもかもわすれてきみやわらかさに こうしてあまえていたい

ビルの谷間たにま かんでる 二人ふたりだけのこの場所ばしょ

きみれてこのまま不確ふたしかなあしたに からんだゆびほどかずに
ハダシのまますなあつさにせかされるみたいにどこまでもはしれたなら

きみがこのままぼくためつみかさねるなら ばつはどうかぼくだけに

君/鈴木雅之へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:君 歌手:鈴木雅之