1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鈴木雅之
  3. 時おり僕は歌詞
よみ:ときおりぼくは

「時おり僕は」の歌詞

鈴木雅之
1991.8.23 リリース
作詞
岡部真理子
作曲
松尾清憲
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
地下鉄ちかてつのコンコース あふれる靴音くつおと
かおのないなみぼくをのみこんでる

改札かいさつから2本目ほんめ はしらかげ
よくきみった いまうこともない
どうして ている背中せなか いまにとまる

ときおりぼくづいてしまうよ
くりかえ毎日まいにち
からまわりだけ

ときおりぼくいたみにまけている
えそうなあしもとに
ためいきだけおとして

見上みあげるビルの隙間すきまそら
きれぎれの夕焼ゆうやとおくなぐさめてる
すこしずつ 景色けしきわり ひとりのこされる

ときおりぼくうそつきになってる
たかまちなか
まれない ぼくがいる

ときおりぼくづいてしまうよ
くりかえ毎日まいにち
からまわりする このまち

ときおりぼくながれにふらつくよ
おだやかなあいのある
この場所ばしょから はなれずに

ときおりぼくは ふとかんがえてみる
およぎつき ねむりこむ
心地ここちよさの 意味いみ

時おり僕は/鈴木雅之へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:時おり僕は 歌手:鈴木雅之