1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松阪晶子
  3. 一秒の未来歌詞
よみ:いちびょうのみらい

「一秒の未来」の歌詞

松阪晶子
1994.6.17 リリース
作詞
佐藤純子
作曲
松坂晶子
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ガラスにうつった夕陽ゆうひ見上みあげて
呼吸こきゅうをすれば なつちかづく
だれもがいそいで なにこたえる?
わたし自分じぶんのこともからない

無邪気むじゃき日々ひびのすべてをててまで
れたいゆめは そう あるけれど

何処どこったらいいの?
この都市としはまだわたしまちじゃない
だれはなせばいいの?
この一秒いちびょう いたずらにぎるだけ

なつかしいかおがみんなあつまる…」
とどいたハガキ でもかえれない
やさしい気持きもちにそっとれると
こだわるすべて むねいた

あせる自分じぶんだれかのよろこびと
くらべてもそれは仕方しかたないけど

何処どこったらいいの?
この一秒いちびょう もう無駄むだにはしたくない
わらつづけていても
いていても わたしらしければいい

ゆめしんじていたい
この一秒いちびょう そう 未来みらいつくってる
わらつづけていても
いていても わたしらしければいい

一秒の未来/松阪晶子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:一秒の未来 歌手:松阪晶子