1. 歌詞検索UtaTen
  2. 大貫妙子
  3. 春の手紙歌詞
よみ:はるのてがみ

「春の手紙」の歌詞

春の手紙 歌詞
大貫妙子
1993.9.22 リリース
作詞
大貫妙子
作曲
大貫妙子
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
冬空ふゆぞらかけるRainbow
かぜはこんでくる
あなたとつないだあまいぬくもり
ただそばにいるだけで
しあわせだったのに
きだ」とは最後さいごまで
くちにしなかった

ときぎても
本当ほんとうのことを
りたいとおもときがあるの

めぐる季節きせつ
わたしてる
こころばえる
あたらしいはるつように

あなたのつめていた
公園こうえんだまり
ひとりにかえときとお眼差まなざし
笑顔えがおせて
うつむかないで
正直しょうじき気持きもちをとどけて

きずついててもまよっていても
あなたはだれよりも素敵すてきだった
めぐる季節きせつ
わたしてる
それぞれのおもぬぎすて そして

はるへとおく
手紙てがみいま
ピリオドをうてずにいるから

あなたときてる

春の手紙/大貫妙子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:春の手紙 歌手:大貫妙子