1. 歌詞検索UtaTen
  2. cali≠gari
  3. 続、冷たい雨歌詞

2019.8.28 リリース

「続、冷たい雨」の歌詞 cali≠gari

iTunesで購入
曲名
続、冷たい雨
アルバム
この雨に撃たれて(霧雨盤) - Single
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
なにもない。
えない。
今日きょうりしきるのは、
わらえないこころ彷徨さまよわらないあめ…。

あめ街角まちかどからかさはなせば、
くらいアパートにあのぼくさがしていた。

あめ路地裏ろじうらではかさはなちがう。
うつ風景ふうけいにただ、くし、
かげもないなつかしさをきしめた。

にして気怠けだるぼく見上みあげてみた。
「やけにあめおとがうるさいね。」
篠突しのつあめぼくわりにいてくれる。
ひとりじゃなみだながせなくなった。

うつりゆく季節きせつまちえる。
きだったあめにおい。
ほのめいた電線でんせんみち
えが面影おもかげにさよなら。

たりまえあめの、
ありふれたこたえだった。

つめたいあめのあとで…。

あのかなしみをぼくにくれないか?
くしたおもぼくにくれないか?
ひしがれていた日々ひびえるなら、
ぼくぼくになれた意味いみをくれないか?

うつりゆく季節きせつぼくえる。
うれしいこと。
かなしいこと。
何気なにげない沢山たくさんのこと。

あたらしい明日あしたにさようなら。

たりまえあめの、
ありふれたこたえだった。

つめたいあめのあとで…。

なにもない。
えない。
今日きょうりしきるだけ。

ぞく、つめたいあめ/かりがり

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:続、冷たい雨 歌手:cali≠gari

リンクコード:

ブログ用リンク:

cali≠gari 人気歌詞ランキング

cali≠gariの歌詞一覧を見る

cali≠gariのニュース