1. 歌詞検索UtaTen
  2. 研ナオコ
  3. 花火歌詞
よみ:はなび

「花火」の歌詞

研ナオコ
1994.9.21 リリース
作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
だれもいない砂浜すなはま あなたの面影おもかげたわむ
さびしい気持きもちになる
なぜかなつかしいおも

たしか7がつ7にち 七夕たなばたよるだったとおも
二人ふたりをつけ
一本いっぽんずつの花火はなび

"綺麗きれいだね"と微笑ほほえ
あなたのかおやさしすぎて
このまましあわせになれると しんじていたのに

花火はなび ふたつの花火はなび
える 花火はなびだった
花火はなび ふたつの花火はなび
あのなつへ もう一度いちど もどりたい

潮風しおかぜのささやきが
こえるようなアパートには
なにもなかったけれど
そばにあなたがいた…

度目どめなつおわ
"おやってしい"だなんて
はじめてくそんな言葉ことば
あいうれしかった

花火はなび ふたつの花火はなび
まるで 花火はなびだった
花火はなび ふたつの花火はなび
あなたからをつけてくれた花火はなび

なみにさらわれながら
える貝殻かいがらのように
あめ高速道路こうそくどうろ
わたしからあなたうばった

花火はなび わたし花火はなび
あなた 花火はなびだった
花火はなび わたし花火はなび
あなたひとりの花火はなびだった
花火はなび わたし花火はなび
ことごとたふたりのなつ花火はなび

最後さいごのあなたのこえ
"これからいそいでかえるね"と
いまでも留守電るすでんのこして
何度なんどいている

だれもいない砂浜すなはま

花火/研ナオコへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:花火 歌手:研ナオコ