挽歌 歌詞 由紀さおり ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 由紀さおり
  3. 挽歌歌詞
よみ:ばんか

挽歌 歌詞

由紀さおり

2009.11.11 リリース
作詞
千家和也
作曲
浜圭介
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
やはりあのひと
わたしおくりになかった
にぎわう夕暮ゆうぐひとごみのなか
わたしはただバスを
かなしみだけを道案内みちあんない
おもいろ洋服ようふく
つらくないとえばうそだわ
あのひとのことががかりだけど
わたしいまバスに

たぶんあのひとは
わたしうらんでいるでしょう
つめたいおんなおもわれながら
わたしはただバスを
ひとりであさきられますか
ハンカチの場所ばしょかるでしょうか
あとのおんなとうまくやってね
うしろがみひかれなみだれて
わたしいまバスに

挽歌 / 由紀さおり の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/05/11 05:35

恋というものは、不思議なものである・・愛していながら、別れが待って居る・・やっぱりあの人は私を迎えに来なかった・・気がかりだけど私はバスに乗る・・ひとりで朝起きられるでしょうか、ハンカチの場所分るかしら、愛し合ったあの部屋・・後の女性(ひと)と上手く遣ってね・・後ろ髪惹かれながら、今私はバスに乗る・・訳などないわ、恋をしたの・・だから私は今、一人でバスに乗るだけ・・

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:挽歌 歌手:由紀さおり