1. 歌詞検索UtaTen
  2. 人気のハッシュタグ一覧
  3. 紅白歌合戦(昭和49年第25回)に関する歌詞

紅白歌合戦(昭和49年第25回)に関する歌詞


紅組【優勝】 白組
山口 百恵 ひと夏の経験 西城 秀樹 傷だらけのローラ
アグネス・チャン ポケットいっぱいの秘密 中条 きよし うそ
チェリッシュ 恋の風車 三善 英史 愛の千羽鶴
小柳 ルミ子 冬の駅 フォーリーブス 急げ!若者
桜田 淳子 黄色いリボン 堺 正章 枯葉の宿
佐良 直美 花のフェスティバル 郷 ひろみ 花とみつばち
梓 みちよ 二人でお酒を 殿さまキングス なみだの操
南 沙織 夏の感情 野口 五郎 甘い生活
森 昌子 おかあさん 菅原 洋一 ケ・セラ
和田 アキ子 美しき誤解 海援隊 母に捧げるバラード
山本 リンダ 闇夜にドッキリ 美川 憲一 はしゃぎすぎたのね
森山 良子 ある日の午後 橋 幸夫 沓掛時次郎
都 はるみ にごりえの町 渡 哲也 くちなしの花
水前寺 清子 てっぺんまごころ 北島 三郎 寒流
あべ 静江 みずいろの手紙 にしきの あきら 花の唄
ペドロ&カプリシャス ジョニイへの伝言 村田 英雄 皆の衆
小坂 明子 あなた 三橋 美智也 哀愁列車
天地 真理 想い出のセレナーデ 内山田洋とクール・ファイブ 海鳴り
八代 亜紀 愛ひとすじ 五木 ひろし 浜昼顔
ザ・ピーナッツ ブギ・ウギ・ビューグル・ボーイ 布施 明 積木の部屋
いしだ あゆみ 美しいわかれ 春日 八郎 雨降る街角
青江 三奈 銀座ブルーナイト フランク永井 おまえに
由紀 さおり 挽歌 沢田 研二 追憶
ちあき なおみ かなしみ模様 三波 春夫 勝海舟
島倉 千代子 襟裳岬 森 進一 襟裳岬

紅白歌合戦(昭和49年第25回)に関する人気歌詞ランキング

紅白歌合戦(昭和49年第25回)に関する歌詞

タイトル / 歌手 歌い出し

哀愁列車

三橋美智也

惚れて 惚れて 惚れていながら 行く俺に 旅をせかせる

襟裳岬

森進一

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由のわからないことで 悩んでいるうち

くちなしの花

渡哲也

いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の

にごりえの街

都はるみ

早咲きの ひがん花 風にこぼれる にごりえの町 意地をたよりに

おかあさん

森昌子

やせたみたいね おかあさん ふざけて おぶって 感じたの

襟裳岬

島倉千代子

風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ 誰か私を 呼んでるような 襟裳岬の

なみだの操

殿さまキングス

あなたのために 守り通した女の操 今さら他人に 捧げられないわ あなたの決して

花のフェスティバル

佐良直美

あの人が今日ここに帰るの お土産は花束と指輪よ 夢と希望ののせた花祭り ララ・サンバ ララ・サンバ

母に捧げるバラード

海援隊

(セリフ) お母さん 今僕は思っています 僕に故郷なんか なくなって

ひと夏の経験

山口百恵

あなたに女の子の一番 大切なものを あげるわ 小さな胸の奥にしまった 大切なものを

おまえに

フランク永井

そばにいてくれる だけでいい 黙っていても いいんだよ 僕のほころび

闇夜にドッキリ

山本リンダ

暗闇めがけておいで ガタガタしてないで はずかしがりやもこれで 勇気が出るはずよ ドッキリさせてあげる

追憶

沢田研二

小雨降れば ひとり待つニーナ! 何も聞かず 読みかけの本を 捨てて抱きあった

愛ひとすじ

八代亜紀

恋のあぜ道歩いてきたわ 風も見ました 雪も見ました こころの地獄を さまよいながら

うそ

中条きよし

折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女

ケ・サラ

菅原洋一,菅原英介

平和で美しい国 信じあえる人ばかり だけど明日はどうなることやら だれもわかりはしないさ ケ・サラ

沓掛時次郎

橋幸夫

すねてなったか 性分なのか 旅から旅へと 渡り鳥 浅間三筋の

Boogie Woogie Bugle Boy

THE ANDREWS SISTERS

He was a famous trumpet

夏の感情

南沙織

みな許してみたいの すぎた日々の出来事 みな私のどこかを 通りぬけた人達 制服着た胸で

ある日の午後

森山良子

名前も知らぬ 白い花びら 舞い散る午後でした あなたのそばを つかず

皆の衆

村田英雄

皆の衆 皆の衆 嬉しかったら 腹から笑え 悲しかったら

傷だらけのローラ

西城秀樹

ローラ (ローラ) 君は 何故に ローラ

積木の部屋

布施明

いつの間にか君と 暮しはじめていた 西日だけが入る せまい部屋で二人 君に出来ることは

雨降る街角

春日八郎

つらいだろうが 野暮な事言うでない これきり逢えぬ 二人じゃないさ せめて震える

はしゃぎすぎたのね

美川憲一

はしゃぎすぎたのねわたし 今日で今夜でお別れなのね 甘えすぎたのねわたし 見事に嫌われたのね おまえだけだと言ってたあなたの

挽歌

由紀さおり

やはりあの人は 私を送りに来なかった にぎわう夕暮れ人ごみの中 私はただバスを待つ 悲しみだけを道案内に

花の唄

錦野旦

君と僕の借りてた 狭い部屋を今日越す ほこりかぶる窓の隅に 花の種を埋めよう 君が死んであれから

冬の駅

小柳ルミ子

白い朝もや流れる 冬の淋しい停車場 あなたの無事を祈って これが運命と つぶやくの

浜昼顔

五木ひろし

家のない子の する恋は たとえば背戸の 赤とんぼ ねぐらさがせば

あなた

小坂明子

もしも私が 家を建てたなら 小さな家を 建てたでしょう 大きな窓と