1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 10-FEET
  5. 10-FEET 11月1日(水)にリリースするフルアルバム「Fin」のとても美味しそうな全曲トレーラーを公開!

10-FEET 11月1日(水)にリリースするフルアルバム「Fin」のとても美味しそうな全曲トレーラーを公開!



10-FEET 今後さらにスペシャル・コンテンツが公開されていく特設サイトに注目!

京都在住の3ピース・ロック・バンド10-FEETが11月1日(水)にリリースするフルアルバム「Fin」の特設サイトが開設された。同時に、収録される全15曲の“全曲トレーラー”を公開した。

それは、ジャケットに描かれているエッグマフィンが作られていく過程を撮り下ろした、“シズル感”たっぷりの映像に、「アンテナラスト」、「ヒトリセカイ」、「火とリズム」、「太陽4号」、「月 ?sound jammer せやな?」といった先行シングル収録曲5曲を含む全15曲がスピーディーに紹介されていく、とても美味しそうなものに仕上がっている。

先だっての10月10日(火)夜10時台には、TOKYO FM/JFN38局 「SCHOOL OF LOCK!」、ZIP-FM「GROOVER’S DIVE」、α-STATION「KYOTO MUSIC SHELF」、FM802「ROCK KIDS 802」、cross fm「challenge ラヂオ」といったFMラジオ5局で異なる新録曲5曲が一斉に初オンエアされたばかり。10-FEETらしいミクスチャー色満載の新曲群への反応も抜群だったが、このトレーラーにより、アルバムの全体像の片鱗を聴き取ることが出来るかもしれない。特設サイトでは、今後さらにスペシャル・コンテンツが公開されていくとのことなので、そちらにも期待したい。

なお、アルバム発売を記念したメンバー全員による「スペシャルトークイベント」も10/9(月祝)の札幌を皮切りに始まっているが、10/28(土)大阪は10/13(金)、11/3(金祝)京都は10/20(金)消印有効と応募締め切りが迫っているので、急いでチェックしよう。

10-FEET アルバム「Fin」特設サイト:http://sp.universal-music.co.jp/10-feet/fin/

10-FEET アルバム「Fin」全曲トレーラー


“10-FEET アルバム「Fin」発売記念 スペシャルトークイベント” 詳細:https://10-feet.kyoto/contents/119063


10-FEET 最新情報

公演情報

公演名:京都大作戦2018~去年は雷雨でごめんな祭~
日程:2018年7月7日(土)、8日(日)
会場:京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
時間:開場 9:30 / 開演 11:00 / 終演 20:00予定
前売チケット料金:7/7 1日券 ¥6,400 7/8 1日券 ¥6,400 2日通し券 ¥12,400
※価格は全て税別 ※全自由(整理番号無し)
※小学生以上有料/未就学児童は保護者同伴の場合無料先行情報
先行情報:オフィシャルHP第1次先行
     受付期間:2月9日(金) 昼12:00~2月28日(水) 23:59 ※顔認証あり
     ※エントリー抽選方式(先着順ではございません)
詳しくはこちら→ http://kyoto-daisakusen.kyoto/18/ticket/
一般発売日:5月26日(土) 午前 10:00~
プレイガイド:京都大作戦チケットセンター
主催:バダス/サウンドクリエーター/FM KYOTO
企画制作:バダス/サウンドクリエーター
お問い合わせ:チケットに関して→京都大作戦チケットセンター 050-5824-5141(平日13:00~17:00)
       公演に関して→サウンドクリエーター 06-6357-4400(平日12:00〜18:00)
オフィシャルサイト:http://kyoto-daisakusen.kyoto/18/(PC・携帯共通)
Twitter:ハッシュタグ  #mik2018
備考  ※雨天決行/荒天中止
    ※アーティストは都合により変更になる場合がございます。
その際チケット代金の払い戻しは行いませんので、予めご了承下さい。
出演アーティスト:10-FEET(両日出演) and more...


10-FEET Profile

1997年、地元・京都にて結成。現在も拠点を京都に置いて活動中。
シンプルな3ピースという形態ながら、メロコアというジャンルでは既に括る事のできないその音楽性は、ROCK、PUNK、HEAVY METAL、REGGAE、HIP HOP、GUITAR POP、BOSSA NOVA等のジャンルを10-FEET流に取り入れて幅広い独自のものを確立、ラウドロック・シーンで確かな存在感を示している。

また年間約100本にも及ぶ精力的なライブ活動も、その迫力満載のライブパフォーマンス、人間味溢れる深いメッセージが込められた歌詞やMC、笑顔を誘い出すキャラクターで常に話題を振りまいている。エンターテイナー性溢れるその活動スタイルを徹底している。

2007年夏には、「京都に大型野外フェスを。」の声のもとにバンド自らが企画した“京都大作戦2007”を立ち上げるも、台風の接近により中止となる。翌年以降は2日間に拡大して、毎年“京都大作戦”を開催、今や二日間でのべ4万人を動員する「関西最大規模の夏フェス」となっている。
近年では“フェスの王様”とも称されるほど、各地で行われるロック・フェスティバルには欠かせない存在に。2015年は夏のROCK IN JAPAN FESTIVAL4日間の大トリと冬のCONTDOWN JAPAN FESTIVALでのカウントダウンを、同フェスの歴史上初めて同一年で務めるという快挙を成し遂げた。また、RISING SUN ROCK FESTIVALでは日の出を迎えるトリを務め、FUJI ROCK FESTIVALではグリーン・ステージのトップバッターを務めるなど、重要な局面を任されることも多い。また出演本数も数多く、ここ数年は夏フェス最多出演数記録の1位を常に争っている。
2011年以降、東日本大震災への支援活動にも積極的に取り組んでおり、ライブ ツアー“東日本大作戦”や、募金により被災地へさまざまな物資を届ける“ふとん大作戦”などを行なっている。2017年1月には“東日本大作戦番外編”と称して、ゼビオアリーナ仙台で二日間にわたり1万人以上を動員する大型フェスを開催した。
2016年7月20日、「その向こうへ」以来約5年ぶりとなるシングル「アンテナラスト」をリリースすると、オリコン・ランキング初登場5位と自身最高位を記録。バンド結成20周年、京都大作戦10周年となる節目の年、2017年の幕開けを飾った、テレビ東京ドラマ24「バイプレイヤーズ」のオープニングテーマとしても話題になったシングル「ヒトリセカイXヒトリズム」を2月1日にリリースすると、さらに最高位を更新する4位を獲得した。開催10周年を記念して初めて三日間3日間で開催された「京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~」は最終日に雷雨による中断を余儀なくされながらもなんとか完遂、また新たな伝説として語り継がれることとなった。7月19日リリースのシングル「太陽の月」も自己最高位タイの4位を記録、11月1日にリリースした8thアルバム「Fin」は自身最高位を更新するオリコン・ランキング2位を記録、バンド結成20年にしてその伸び代はなお果てしない。

フルカワユタカ ソロ・音楽活動周年記念…

Cocco 7月に行われた20周年記念…