1. 10-FEET 11/1(水)発売アルバム「Fin」から “ミクスチャーマシマシ”な「1 size FITS ALL」のMVを公開!

10-FEET 11/1(水)発売アルバム「Fin」から “ミクスチャーマシマシ”な「1 size FITS ALL」のMVを公開!



結成20周年を迎えてなお進化し続ける”最新型10-FEET”!!

京都在住の3ピース・ロック・バンド10-FEETが11月1日(水)にリリースするフルアルバム「Fin」から、「1 size FITS ALL」のMUSIC VIDEOがついに公開された!昨年7月にリリースしたシングル「アンテナラスト」以降、「ヒトリセカイ」、「太陽4号」といったエモーショナルなリード曲が続いていたが、同曲は久しぶりに“10-FEET節ど真ん中”と言える、関西弁ラップが炸裂し、めまぐるしく展開していく、“ミクスチャーマシマシ”なチューンだ。結成20周年を迎えてなお進化し続ける、最新の10-FEETを是非チェックして欲しい。

なお、アルバム「Fin」関連では、「全曲トレーラー」や、完全生産限定盤/初回生産限定盤に付属の「特典映像トレーラー」も先に公開中なので、併せてチェックして欲しい。また、アルバム「Fin」の特設サイト内で、メンバーによる全曲解説コメントにより「Fin」のフラゲ日にあたる10月31日(火)までをカウントダウンしており、15日間連続でアルバム収録1曲目「1 size FITS ALL」から15曲目「何度も咲きました」までの全曲に対するメンバー解説コメントが公開されているので、こちらも要チェックだ。


10-FEET 「1 size FITS ALL」MUSIC VIDEO


10-FEET アルバム「Fin」全曲トレーラー


10-FEET アルバム「Fin」特典映像トレーラー


10-FEET アルバム「Fin」特設サイト → http://sp.universal-music.co.jp/10-feet/fin/

10-FEET 最新情報

公演情報

公演名:京都大作戦2018~去年は雷雨でごめんな祭~
日程:2018年7月7日(土)、8日(日)
会場:京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
時間:開場 9:30 / 開演 11:00 / 終演 20:00予定
前売チケット料金:7/7 1日券 ¥6,400 7/8 1日券 ¥6,400 2日通し券 ¥12,400
※価格は全て税別 ※全自由(整理番号無し)
※小学生以上有料/未就学児童は保護者同伴の場合無料先行情報
先行情報:オフィシャルHP第1次先行
     受付期間:2月9日(金) 昼12:00~2月28日(水) 23:59 ※顔認証あり
     ※エントリー抽選方式(先着順ではございません)
詳しくはこちら→ http://kyoto-daisakusen.kyoto/18/ticket/
一般発売日:5月26日(土) 午前 10:00~
プレイガイド:京都大作戦チケットセンター
主催:バダス/サウンドクリエーター/FM KYOTO
企画制作:バダス/サウンドクリエーター
お問い合わせ:チケットに関して→京都大作戦チケットセンター 050-5824-5141(平日13:00~17:00)
       公演に関して→サウンドクリエーター 06-6357-4400(平日12:00〜18:00)
オフィシャルサイト:http://kyoto-daisakusen.kyoto/18/(PC・携帯共通)
Twitter:ハッシュタグ  #mik2018
備考  ※雨天決行/荒天中止
    ※アーティストは都合により変更になる場合がございます。
その際チケット代金の払い戻しは行いませんので、予めご了承下さい。
出演アーティスト:10-FEET(両日出演) and more...


10-FEET Profile

1997年、地元・京都にて結成。現在も拠点を京都に置いて活動中。
シンプルな3ピースという形態ながら、メロコアというジャンルでは既に括る事のできないその音楽性は、ROCK、PUNK、HEAVY METAL、REGGAE、HIP HOP、GUITAR POP、BOSSA NOVA等のジャンルを10-FEET流に取り入れて幅広い独自のものを確立、ラウドロック・シーンで確かな存在感を示している。

また年間約100本にも及ぶ精力的なライブ活動も、その迫力満載のライブパフォーマンス、人間味溢れる深いメッセージが込められた歌詞やMC、笑顔を誘い出すキャラクターで常に話題を振りまいている。エンターテイナー性溢れるその活動スタイルを徹底している。

2007年夏には、「京都に大型野外フェスを。」の声のもとにバンド自らが企画した“京都大作戦2007”を立ち上げるも、台風の接近により中止となる。翌年以降は2日間に拡大して、毎年“京都大作戦”を開催、今や二日間でのべ4万人を動員する「関西最大規模の夏フェス」となっている。
近年では“フェスの王様”とも称されるほど、各地で行われるロック・フェスティバルには欠かせない存在に。2015年は夏のROCK IN JAPAN FESTIVAL4日間の大トリと冬のCONTDOWN JAPAN FESTIVALでのカウントダウンを、同フェスの歴史上初めて同一年で務めるという快挙を成し遂げた。また、RISING SUN ROCK FESTIVALでは日の出を迎えるトリを務め、FUJI ROCK FESTIVALではグリーン・ステージのトップバッターを務めるなど、重要な局面を任されることも多い。また出演本数も数多く、ここ数年は夏フェス最多出演数記録の1位を常に争っている。
2011年以降、東日本大震災への支援活動にも積極的に取り組んでおり、ライブ ツアー“東日本大作戦”や、募金により被災地へさまざまな物資を届ける“ふとん大作戦”などを行なっている。2017年1月には“東日本大作戦番外編”と称して、ゼビオアリーナ仙台で二日間にわたり1万人以上を動員する大型フェスを開催した。
2016年7月20日、「その向こうへ」以来約5年ぶりとなるシングル「アンテナラスト」をリリースすると、オリコン・ランキング初登場5位と自身最高位を記録。バンド結成20周年、京都大作戦10周年となる節目の年、2017年の幕開けを飾った、テレビ東京ドラマ24「バイプレイヤーズ」のオープニングテーマとしても話題になったシングル「ヒトリセカイXヒトリズム」を2月1日にリリースすると、さらに最高位を更新する4位を獲得した。開催10周年を記念して初めて三日間3日間で開催された「京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~」は最終日に雷雨による中断を余儀なくされながらもなんとか完遂、また新たな伝説として語り継がれることとなった。7月19日リリースのシングル「太陽の月」も自己最高位タイの4位を記録、11月1日にリリースした8thアルバム「Fin」は自身最高位を更新するオリコン・ランキング2位を記録、バンド結成20年にしてその伸び代はなお果てしない。

LINE MUSIC1位獲得!井上苑子…

大原櫻子 遂にニューシングル「さよなら…