1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 井上陽水
  5. 新しい場所、新しい出会いで、新たな音楽を奏でるスリリングな夜 井上陽水 コンサート 2018 ROCK PICNIC 開催

新しい場所、新しい出会いで、新たな音楽を奏でるスリリングな夜 井上陽水 コンサート 2018 ROCK PICNIC 開催



井上陽水 コンサートツアー “ROCK PICNIC ” が4月18日EX THEATER ROPPONGI公演よりスタート

井上陽水のコンサートツアー“ROCK PICNIC ”が、4月18日(水)EX THEATER ROPPONGI公演よりスタートした。井上陽水のコンサートといえばキャリアも長い国内トップミュージシャンをバックバンドに迎えた豪華ラインアップで毎年、全国津々浦々で開催されていたが、今回は趣向が異なるツアーとなっている。

まず第1にバンドメンバーが大きく変わっている。陽水本人も「若い人たちとも音楽をやってみたいなぁと思って」と語ったが、ライブハウスに陽水自身が足を運び様々なミュージシャンの演奏を目で見て、今回のバンドメンバーが決まったようだ。キーボードはこれまでのツアーと同じく小島良喜がどっしりと構え、新たなメンバーとして、ドラムはキンモクセイのメンバーでもある張替智広。ギター・田口慎二、ベーシスト・なかむらしょーこはともに、ジャンルを問わず邦楽シーンのアーティストのライブを支えるミュージシャンだ。

そしてもう1点、井上陽水のコンサートは各地の大ホールで開催されることがほとんどだが、今回のツアーではライブハウスでの公演も数多く決まっている。陽水も「近くていいですね」とMCで語るほど、ステージと客席の距離が近いことも今回のツアーの特徴。

コンサートの冒頭、「何が起こるかわからないスリリングなコンサートになりそうです」と冗談ぽく話していたが、抜群の安定感に身をゆだねて、ゆったりと見る前回までのツアーとは異なった魅力が感じられる。



どの曲が、どんなアレンジで奏でられるのか、演奏する側も見る側も全てが新鮮なコンサート。NHKブラタモリのテーマソングである「女神」「瞬き」は、より軽快にアレンジされ、一方で「アジアの純真」や「東へ西へ」は重厚なバンドサウンドを楽しむことができる。「映画に行こう」ではブラックミュージックをルーツにもつ、なかむらしょーこがブルージーにベースを奏で、「鍵の数」では小島良喜のピアノが大人の色気を放つ。井上陽水の狂気が凝縮された楽曲「My House」では、張替智広、田口慎二が、その奇妙奇天烈な世界に観客もトリップさせるのに拍車をかける。

新しい場所と新しい人との出会いで、新たな音楽を生み出す陽水だが、キャリア初期の名曲「帰れない二人」「いつのまにか少女は」を歌い、同世代のオールドファンに懐かしさを感じさせることも忘れない。

「今朝、雨が降っていたから」とアンコールの最後に「傘がない」で締めると、会場は総立ち、万雷の拍手となった。来年、デビュー50周年を迎える井上陽水の新たな試みはぜひ、その目で確かめていただきたい。

井上陽水 コンサート2018 ROCK PICNIC

4/18(水) EX THEATER ROPPONGIセットリスト
1.東へ西へ
2.女神
3.Power Down
4.映画に行こう
5.My House
6.瞬き
7.帰れない二人
8.いつのまにか少女は
9.アジアの純真
10.Just Fit
11.鍵の数
12.夜のバス
13.ビルの最上階
14.長い坂の絵のフレーム
15.傘がない

福岡県出身の歌手。また歌手だけでなく、シンガーソングライターや音楽プロデュースとしても活躍している。中学三年生の時にビートルズに熱中し、仲間と歌ったり、録音したりと地元ではとても有名なビートルズファンであった。その後、芸名をアンドレ・カンドレとしてCDを三枚リリース。しかし1972···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ピコ太郎 凱旋。1年1ヶ月振りとなる日…

ねごと 音楽と映像が織りなす圧巻のツア…