1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. May J.
  5. May J.、客席で観ていたらデイヴィッド・フォスターから指名されステージへ!

May J.、客席で観ていたらデイヴィッド・フォスターから指名されステージへ!



Dフォスターとサブライズステージ!

グラミー賞、ジュノー賞、エミー賞、ゴールデングローブ賞など数々の栄誉に輝く"ヒットマン"、デイヴィッド・フォスターが来日。2018年11月30日~12月3日の4日間、世界的にも非常にレアなクラブ公演がブルーノート東京30周年を記念して行われた。

70年代から本格的な活動を開始し、アース・ウィンド&ファイアー、マドンナ、マイケル・ジャクソン、シカゴ、ホイットニー・ヒューストン、ナタリー・コール等、名だたるアーティストのビッグ・ヒットを制作。セリーヌ・ディオンやダーティ・ループスにいち早く注目し、世界的な存在へと押し上げたのもフォスターの功績だ。

そんな彼の演奏を一目見たいとMay J.は「観客」としてブルーノート東京で観覧していた時、その奇跡は起こった。

【歌詞コラム】May J.のレリゴー批判してた人は絶対ちゃんと聴いてねーだろうなと

4日間連続の最終公演ということもあってか、すっかり気さくなMCと数々の名曲を披露するフォスター。彼がスタッフから耳にした情報で、May J.が客席にいることは聞いて覚えていたらしい。

大好きな「To Love You More」

「今夜、日本でとても有名で美しくて、素晴らしいシンガーが観に来てくれているらしい、会ったことないんだけど、May J.という女性。どこにいるかな?」
という突然の呼びかけに本人もびっくり。まさかの憧れの人にからの呼びかけに思いも掛けない彼女はドギマギしながらもステージへ。フォスターと初の挨拶で緊張する中、
「急だけど僕の曲、歌えたりするのかな?」
とフォスターからセッションの提案。May J.は大好きなセリーヌ・ディオンの「To Love You More」と答え、その場でリハ無しのサブライズステージとなった。

奇跡のセッション!

May J.の歌唱に1コーラスだったと思われる演奏も2コーラスやリフレインがセッションで足され、会場中がその「音楽的なコミュニケーション」を目の当たりに。まさに奇跡のセッションが行われた瞬間だった。

その後、May J.は観客席に戻るも、本編ラストの「September/ EW&F」でもフォスターが「May J.もステージに上がれ!」と呼びかけ、再びステージに。
ジョーダン・ジョン(ヴォーカル)、ソヒャン(ヴォーカル)、デイビッド・ネグレテ(サックス)、トロイ・ローレタ(キーボード)、チャールズ・ローゼン(ベース)、ジョン・ロビンソン(ドラムス)、デイヴィッド・フォスター(ピアノ)という豪華すぎる面々とハッピーなエンディングを過ごした。

May J.は幼少の時よりフォスターの音楽に深く触れてきており、まさに彼はレジェンドで憧れの存在。最新作「Cinema Song Covers」でも、プロデュース作、『オールウェイズ・ラヴ・ユー/ホイットニー・ヒューストン』(映画「ボディガード」テーマ)をカバー収録していた。

May J. 最新情報

リリース情報

タイトル:Cinema Song Covers
発売日:2018年7月25日
形態:全3形態

■[2CD+DVD] Cinema Song Covers
2018-07-25
RZCD-86608~9/B ¥7,020(税込)

■[2CD] Cinema Song Covers
2018-07-25
RZCD-86610~11 ¥3,780(税込)

■[2CD+Blu-ray] Cinema Song Covers ~Premium BOX~(BOX仕様)【初回生産限定盤】
2018-07-25
RZCD-86606~7/B ¥12,960(税込)

累計100万枚を突破したMay J.のカバーシリーズ最新作!

誰もが知る洋邦の映画の名曲を、管弦楽などによるアコースティックでクラシカルな演奏にのせてカバー。DVD、Blu-rayには、クラシックファンからも映像化の要望が高かった初の単独フルオーケストラコンサート『billboard classics May J. Premium Concert 2017 ~Me, Myself & Orchestra~』を収録!(なんと!Blu-rayには、「橋本さんと愉快な仲間たちによるオーディオコメンタリー」を副音声として収録!!!)

May J. Profile

日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち、幼児期よりダンス、ピアノ、オペラを学び、作詞、作曲、ピアノの弾き語りをもこなす。圧倒的な歌唱力とパワフルかつ澄んだ繊細な歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが共感を呼び、幅広い世代から支持を受けている。
2006年ミニアルバム「ALL MY GIRLS」でメジャーデビュー。記録的な大ヒットで社会現象にもなった、2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌(エンドソング)を担当。同年の第65回紅白歌合戦に初出場。2015年1月には自身初となる、日本武道館の単独公演を開催。
more info
◆Official HP: http://www.may-j.com/
◆Official Facebook: https://www.facebook.com/mayjofficial
◆Offcial Twitter: https://twitter.com/mayjamileh
◆Offcial Twitter (Staff): https://twitter.com/MAYJ_STAFF
◆Official YouTube Channel:http://bit.ly/2q293Gt


第61回グラミー賞、ケンドリック・ラマ…

BAND-MAID、新シングル「Bub…