1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. Misia
  5. MISIA 福島・いわき市にて復興と平和への祈りを込めたMisia Candle Nightを開催!

MISIA 福島・いわき市にて復興と平和への祈りを込めたMisia Candle Nightを開催!



Misia Candle Night ファイナル公演開催

MISIAが、7/20(土)21(日)の2日間にわたり、福島県いわき市・三崎公園野外音楽堂にて「Misia Candle Night Reiwa」のファイナル公演を開催した。

“Misia Candle Night”とは、人と人とのつながりの大切さ、東日本大震災をきっかけに、キャンドルを灯し物質的社会から少し距離をおいたところで、私達の幸せをもう一度見直すきっかけになればという想いのもと、2012年からスタートしたライヴシリーズ。愛と平和への祈りをこめた数千個のキャンドルがステージ一面に敷き詰められ、キャンドルの光が揺らめく幻想的な会場に、MISIAの優しい歌声が響き渡るというスペシャルな空間を体験することができるライヴとなっている。

東北の地で初めての開催

今回開催の地となったのは、福島県いわき市。“Misia Candle Night”が東北の地で開催されるのは初めてのことだ。

会場いっぱいを埋め尽くした観客たちは、入場時に一人一人に配布されたキャンドルを手に握りしめ、MISIAの登場を待ち望んでいた。

虫の声が響き、木々たちの放つ静けさとキャンドルの灯が会場の雰囲気をより一層引き立てるなか、ステージにMISIAが登場。バンドとストリングスによる演奏からスタートした本編は、「あなたにスマイル:)」で幕開け。曲タイトルの通り、幕開けと同時に会場全体が一気に笑顔と熱気でいっぱいになり、「Misia Candle Night Reiwaへようこそ!令和になってはじめてとなるライヴのファイナルをこの地で迎えることができて、本当に嬉しいです!」というMISIAが呼びかけると、観客は一斉にキャンドルを高く掲げ、大きな声でステージへと声援を送っていた。

一気に幻想的な雰囲気へ

その後、ライヴで披露されることは非常にめずらしい「花/鳥/月/風」や、比嘉栄昇(BEGIN)が提供した楽曲「Birthday Cake」などの懐かしのナンバーや、「逢いたくていま」「忘れない日々」などMISIAの代表バラードナンバーが披露されると、会場を照らしていた夕日が暮れ、一気に幻想的な雰囲気へと変化していく。

スペシャルゲストに加藤登紀子

ライヴの中盤には、スペシャルゲストとして加藤登紀子が登場!ファイナルに相応しい突然のサプライズに観客は大興奮!「時には昔の話を」をMISIAとともにパフォーマンスするとともに、ソロでは「愛の讃歌」を披露し、加藤登紀子による愛のメッセージで会場を優しく包み込んだ。

涙ながらに想いを伝える

途中MCでは、震災のあったこの地でのライヴに込めたMISIAの特別な想いを語る一幕も。福島に訪れ、たくさんのいのちのメッセージを感じたというMISIAがと、客席からもすすり泣く声が。

「私になにができるのか」と自身に問い続けながら”歌で寄り添いたい”という想いで書き上げたという、東日本大震災復興応援メッセージソング「明日へ」をパフォーマンス。
2012年から続くこのライヴシリーズが、令和初として福島で開催されることに込められた想いを観客は改めて感じ、MISIAの想いに応えるべく、これまで以上に大きな拍手と歓声で感謝を伝えていた。

吹き消す時に願いが叶う

キャンドルの炎は吹き消す時に願いが叶うといわれることから、最後はMISIAと観客がそれぞれの願いを手元のキャンドルに込め、一斉に炎を吹き消すのがこのライヴの特徴。最後に披露された大ヒット曲「アイノカタチ (feat.HIDE GReeeeN)」のパフォーマンスが終わるとMISIAは再びステージにゲストの加藤登紀子を呼び込み、会場にいるすべての人とともに平和への祈りを捧げながらキャンドルをそっと吹き消し、約2時間にわたるライヴは幕を閉じた。

公演概要

Misia Candle Night Reiwa

2019年7月13日(土)14日(日)山梨県・河口湖ステラシアター
2019年7月20日(土)21日(日)福島県いわき市・三崎公園野外音楽堂

【セットリスト】

1.あなたにスマイル:)
2.AMAZING LIFE
3.花/鳥/月/風
4.風に吹かれて
5.Birthday Cake
6.Eyes on me
7.月
8.逢いたくていま
9.忘れない日々
10.時には昔の話を(w/加藤登紀子)
11.愛の讃歌(加藤登紀子)
12.明日へ
13.少しずつ 大切に
14.One day,One life
15.Candle Of Life
16.アイノカタチ (feat.HIDE GReeeeN)


愛と平和のメッセージをキャンドルで

<UtaTen編集部からのコメント>
東日本大震災をきっかけに、キャンドルを灯し物質的社会から少し距離をおいたところで、もう一度幸せを見直すよう始められたライブシリーズ、Misia Candle Night Reiwaのファイナル公演が、福島県のいわき市で行われました。

初めての東北での開催。大きな意味があったのではないかと思います。

涙ながらに想いを伝えるMisia…すすり泣く観客…つらい思いを経験したこの地だからこその思いが溢れた瞬間だったのではないでしょうか。キャンドルが灯る中、Misiaの歌声が様々な人々の心に響き、また天に登った方々へもその鎮魂の想いは届いたように思えます。

愛と平和のメッセージは、これからも伝え続けられるでしょう。

MISIA(ミーシャ)は、1978年7月7日生まれの、日本の女性シンガー。長崎県出身。本名は公開されていない。血液型はO型。「MISIA」というアーティスト名の由来は、「ASIAの方々にも音楽を届けたい」という想いから名付けられた。所属事務所はリズメディア、所属レーベルはソニー・ミュージックエンタテ···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Misia 最新情報

リリース情報

●9/4(水)発売
LIVE Blu-ray&DVD 「MISIA 平成武道館 LIFE IS GOING ON AND ON」

★Blu-ray
価格:7000円(税抜)
品番:BVXL-148

★DVD
価格:6500円(税抜)
品番:BVBL-148~149

【収録曲】
01. Sparks!!
02. Escape~Rhythm Reflection~LOVE BEBOP~Royal Chocolate Flush~THIS IS ME
03. We Will Rock You
04. We Are The Champions
05. 来るぞスリリング

06. Everything
07. LOVED
08. 逢いたくていま
09. 明日へ
10. AMAZING LIFE

11. BELIEVE
12. Color of Life~Re-Brain
13. MAWARE MAWARE
14. アイノカタチ(feat. HIDE GReeeeN)
15. 陽のあたる場所
16. つつみ込むように…

-Special-
01.僕はペガサス 君はポラリス(on 26 April 2019)
02.そばにいて... (on 26 April 2019)
03.月(on 26 April 2019)
04.オルフェンズの涙(on 26 April 2019)
05.DEEPNESS(on 27 April 2019)
06.It’s just love(on 27 April 2019)
07.白い季節(on 27 April 2019)
08.To Be In Love(on 27 April 2019)

※初回仕様盤には、平成武道館オリジナルステッカー封入
※副音声にはMISIAによるライヴ解説コメンタリーを収録

ライブ情報

●「MISIA SOUL JAZZ BIG BAND ORCHESTRA SWEET & TENDER」

2020年1月25日(土) 26日(日)
会場:大阪城ホール
開場:16:00 / 開演:17:00

2020年2月1日(土) 2日(日)
会場:横浜アリーナ
開場:16:00 / 開演:17:00 

【チケット料金】
<指定席>9,900円(税込)
<親子席>大人 9,900円(税込)こども 4,950円(税込)

先行販売:2019年11月18日(月)〜
一般発売:2019年12月21日(土)〜

Misia Profile

長崎県出身。グローバルな知性を持つ、アジアを代表する歌手。

1998年、デビュー曲『つつみ込むように…』が大ヒット。

グルーヴ感抜群の歌唱で、音楽シーンに衝撃を与える。2000年にはバラード『Everything』がヒットして国民的人気歌手となり、2004年には女性アーティストとして初めて5大ドームツアーを敢行。アジアにも進出して大成功を収めた。

以降、J-POPの枠にとらわれることなくチャレンジを続け、日本にクラブカルチャーを根付かせた。

同時に、世界基準のサウンド・クオリティとポピュラリティの両立を果たしている。

ライヴにおいても常にトップ・アーティストであり続け、コンピュータを駆使した大規模なツアーでは斬新な演出の中心となり、楽器の生演奏のみのコンサートではエンターテイナーに徹し、最新のグルーヴを探究するライヴでは超一流ミュージシャンとのセッションを楽しんでいる。

20周年を迎えた2018年はフェスの最高峰“フジロック”でその実力を世界に見せつけた。

また社会貢献活動にも積極的で、特に子供の教育支援に尽力。音楽に込めるメッセージと、貢献活動が一致していることも特筆される。そのアーティスティックなライフスタイルは、あらゆる世代の男女に強い共感を呼んでいる。

▷MISIA公式ホームページ
▷アリオラジャパンFacebookページ
▷アリオラジャパンtwitterページ
▷アリオラジャパンLINE@ページ

04 Limited Sazabys、…

コブクロ、地元・大阪にて、結成20周年…