1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. w-inds.
  5. w-inds.「More than words」でツアー完走!来年のツアーも発表!

w-inds.「More than words」でツアー完走!来年のツアーも発表!



デビュー19年目を迎えたw-inds.

10月4日、デビュー19年目を迎えたw-inds.のツアー『w-inds. LIVE TOUR 2019 "Future/Past"』のファイナル公演が東京国際フォーラムホールAにて行われた。

【写真】w-inds.ツアーファイナル写真を全て見る

全国10都市で開催された、新旧歴代の人気曲を組み込んだ神セトリとの呼び声が高い『w-inds. LIVE TOUR 2019 "Future/Past"』のファイナルには5000人ものファンが駆けつけ、デビュー20年目へと向かって成長を止めないw-inds.の姿を目の当たりにした。


41枚目のシングルとなった最新曲で激しいダンスナンバーの『Get Down』で幕を開けたステージは、同曲のみスマホでの撮影OKということで片手にスマホを持ちながら楽しむファンの姿も。


『Let's get it on』『FLY HIGH』『Superster』と続けてダンスナンバーを披露し、「今日は最高の1日にしましょう!」とメンバーの緒方龍一も最高潮のテンションで歓声に応えた。



バンドサウンドで歴代人気曲を披露

中盤は20105年にリリースされた『タイムマシーン』で幕開け。
バンドメンバーを引き連れ『Break Down, Build Up』『Perfect Day』など10年以上前にリリースされた楽曲を中心に展開され、時代やシーンをトリップするようなセットリストとバンドサウンドならではのパフォーマンスを見せた。


この日2回目のMCではw-inds.の3人らしい和気藹々としたトークを繰り広げる中でラグビー日本代表の活躍にも触れ、興奮した緒方龍一がw-inds.の楽曲制作も担う橘慶太に『トライ』と言うタイトルで曲を作って欲しいと懇願し会場を沸かす場面もあった。

本編は2018年のデビュー記念日にリリースされた『Dirty Talk』と、2014年リリースの『STEREO』がラグジュアリーで盛大なアレンジで送られ、「バイバイ!」の一言で暗転。
すぐに客席から起きたアンコールの声に応え、w-inds.デビュー曲『Forever Memories』を披露した。



来年ツアー開催発表!

MCでは、ファンクラブツアー「w-inds. FAN CLUB TOUR 2020 EDW-electro dance w-inds.-」が1月末から開催されることや、急遽10月20日に開催されることが決まった「w-inds. Fes ADSR 2019 –Attitude Dance Sing Rhythm- supported by GC GRAND FESTIVAL 2019 & SPORT × ART」についても触れ、20周年目に向け走り続けるw-inds.を身近で見ることのできる機会があることにファンも歓喜した。

▼2018年のw-inds. Fesの様子はこちら
大盛況のツアーラストはファンや海外でも人気の『More than words』で締めくくられ、会場とのコーラスが国際フォーラムのホール内に鳴り響いた。

最後にw-inds.は「みんなの気持ちに応えられるように歌を届けていきます、また来年も絶対会いましょう!(橘慶太)」とコメントし、3人手をつなぎながら大きくお辞儀をしてステージを後にした。

Text 愛香


セットリスト

1.Get Down
2.Let's get it on
3.FLY HIGH
4.Superstar
5.We Don't need To Talk Anymore
6.Feeling U
7.タイムマシーン
8.Break Down, Build Up
9.Perfect Day
10.Make you mine
11.Drive-Me-Crazy
12.NEVER MIND
13.Sweet love
14.キレイだ
15.Feel The Fate
16.Paradox
17.SUPER LOVER 〜I need you tonight〜
18.Boom Word Up
19.No matter where you are
20.Dirty Talk
21.STEREO

EN1.Forever Memories
EN2.More then words

▼サブスクで公開中のセットリストのプレイリストはこちら
セットリストプレイリスト


↓こちらの記事も人気!

w-inds.(ウインズ)は、橘 慶太、千葉 涼平、緒方 龍一からなる3人組ダンスボーカルユニット。 2000年11月から毎週日曜日、代々木公園や渋谷の路上でストリートパフォーマンスを開始。口コミで瞬く間にその旋風は拡がりを見せ、デビュー直前には渋谷ホコ天に8,000人を動員。そして満を持して200···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

TK from 凛として時雨、新木場S…

SILENT SIREN、「Abema…