1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. Rude-α
  5. 沖縄出身新世代ラッパーRude-α。地元沖縄凱旋ライブでファン大熱狂!

沖縄出身新世代ラッパーRude-α。地元沖縄凱旋ライブでファン大熱狂!



メジャーデビュー後初の地元ライブ!

沖縄県沖縄市出身22歳新世代ラッパー Rude-α(ルードアルファ)がメジャーデビュー後初となる地元沖縄での凱旋ライブを11月9日(土)桜坂セントラルで開催した。

約2年半ぶりとなる沖縄でのライブに待ちに待った地元のファンたちは「おかえり!」という温かい声援で溢れ、地元沖縄以外からも各地から遠征組が出たほどの熱狂ぶりとなっていた。


地元ファンは大盛りあがり!


オープニングはインディーズ時代にリリースしたミニアルバム「20」に収録されている代表曲「Mirror Ball」で登場。

「ここが俺の町だぜ!!」と言うと、地元ファンは大盛り上がり。

「この夜を超えて」「highway」「Take me back」など新旧取り混ぜたアップテンポなナンバーを。

ライブ中盤では、ポエトリーリーディング的な楽曲「Happiness」を披露。

MCでは「3年前に上京して、東京の生活に慣れないことも多く、辛いなって思う事も数多くあった」と語った。

そんな時に今は亡きおじいちゃんに言われたことが、音楽を続けているきっかけとなっているというエピソードとともに、全てのリスナーへ向けた愛のメッセージとしてエモーショナルに歌い上げた。

沖縄初披露の「It's only love」


ライブ後半では最新シングルであり、「今までで一番の夏でした。」と、今年の夏の思い出を歌詞に載せた「It's only love」を沖縄で初披露。

曲紹介とともに会場全体に歓声が沸き上がった。

SNSやMVでRude-aを知った多くの会場のファンも、一斉に歌い始めた。

本編最後には「以前から取り入れたいと苦戦していたゴスペル的要素をやっと取り入れることに成功した、大切な曲です。」と「wonder」を熱唱し、会場は一つとなった。

アンコールではインディーズ時代の楽曲「水平線の向こう」(2016年)を披露。

地元ファンに向けて「琉球の島より愛を込めまして」と唄い出すとともに大合唱が起こる。

「次はワンマンライブで必ず帰ってくるよ!」と別れを告げ、名残惜しくも、沖縄凱旋ライブは幕を閉じた。


今回の地元沖縄での凱旋ライブを終え、Rude-aは「沖縄という島は色々な問題があったり、東京に比べたら不便なこともあるけど、こういう町からでも羽ばたけるし、東京でも全然かませるぜって俺が証明する。いつか誰かの夢になれたらって思うし、色んな人の今日を照らせる存在になるので、これからもよろしくお願いします。」とコメントしている。

「ハレルヤfeat.BASI」リリース予定!

11月末には、大阪をベースに活動する唯一無二のヒップホップバンド、韻シストのMC、BASIをフィーチャリングに迎えた、デジタルシングル『ハレルヤfeat.BASI』をリリース予定。

現在YouTubeではMV(short ver.)が公開されている。

▲Rude-α『ハレルヤ feat.BASI』Short ver.

各SNSのフォロワー数やMV再生回数などが手軽に話題となりがちだが、Rude-αの本質はやはりアーティストとしてのステージでのパフォーマンス。

12月20日(金)東京・渋谷O-WESTで開催される「Rude-α Christmas One Man Live 2019」には会場500人のキャパに対して、約5,000人もの応募があり、発売と同時にSOLD OUT。

12月27日(金)には、このライブの追加公演とし、急遽自身最大規模となる東京・渋谷O-EAST(1,300人キャパ)でのワンマンライブも発表されたばかり。

目標である日本武道館でのワンマンライブを常に公言し、全国各地で活動を続けるRude-a。

日本武道館でワンマンライブを見る日もそれでも先の話でもないであろう。

そんなRude-aは新世代の日本の音楽シーンを牽引する存在であることに間違いない。

沖縄凱旋ライブ概要

Rude-α presents “TEEDA vol.6”

11月9日(土) 桜坂セントラル  
スペシャルゲスト:さなり

・会場集客人数:350名(チケットSOLD OUT)
・東京公演は、10月25日(金) 渋谷club asiaにて行いました。

(スペシャルゲスト:竹内アンナ オープニングアクト:Kamin)

※TEEDAとは、Rude-aの自主企画イベントとして2017年沖縄からスタートしたイベントです。

PHOTO MARI NAKANDAKARI

1997年2月8日生まれ。21歳。沖縄県沖縄市出身。沖縄市の多様な人種、多様な音楽の中で育つ。 高校1年の時からストリートダンスを始め、各種ダンスバトルやイべントに出演。高校2年の時、街中でフリースタイルを仕掛けられたことをきっかけにラップを始める。 翌年、第6回全国高校生ラップ選···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Rude-α 最新情報

リリース情報

●2019年11月27日 発売
『ハレルヤ』 feat.BASI リリース予定

ライブ情報

「フロムニューエイジアアツアーvol.2」 
w/さなり、sasuke、eill

12月2日(月)
福岡:BEAT STATION 

12月4日(水)
大阪:心斎橋JANUS   

12月5日(木)
名古屋:伏見JAMMIN

12月17日(火)
東京:代官山UNIT


●「Rude-α Christmas One Man Live 2019」 
12月20日(金) ※SOLD OUT
東京:渋谷O-WEST 


●「Rude-α One Man Live 2019 FINAL」 
12月27日(金)
東京:渋谷TSUTAYA O-EAST
▷詳細はこちら


●オリオンビール presents 「令和初CountDown Live in OKINAWA」  
12月31日(火)
沖縄:沖縄コンベンションセンター
▷詳細はこちら

Rude-α Profile

1997年2月8日生まれ。21歳。沖縄県沖縄市出身。沖縄市の多様な人種、多様な音楽の中で育つ。

高校1年の時からストリートダンスを始め、各種ダンスバトルやイべントに出演。高校2年の時、街中でフリースタイルを仕掛けられたことをきっかけにラップを始める。

翌年、第6回全国高校生ラップ選手権に出場し準優勝。 2015年6月、1st EP『098 ORCHESTRA』リリース。収録曲『co co ga okinawa』MVは250万再生を超える。

2016年4月からは東京に拠点を移動。同年9月、DALLJUB STEP CLUBのドラマーGOTOと、ドラムとラップだけの新曲『19』を発表。2017年からはバンド編成でのライブ活動をスタート。自主企画ライブイベント"TEEDA"を立ち上げ、DATS、Lucky Tapes、SUSHIBOYS、ゆるふわギャング、Michael Kaneko、踊Foot Worksなど幅広いジャンルのアーティストと共演。

2018年2月、東京上京後初のEP『20』をリリースし、iTunesヒップホップアルバムチャートで初登場1位を獲得。3月にはアメリカ・オースティンで行われている音楽フェスSXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)、そして全米7都市を廻るSXSWジャパンツアーに参加し、初の海外ライブを敢行した。

10月末、自身初のワンマンライブを東京(渋谷WWW)、大阪(心斎橋CONPASS)で開催。11月28日には、新作デジタルシングル「Boy Meets Girl」をリリースする。

▷Rude-α公式HP
▷Rude-α Twitter
▷Rude-α Instagram
▷Rude-a Official YouTubeチャンネル

THE BAWDIES ニューアルバム…

ANFiNY、全公演ソールド・アウト!…