1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 桑田佳祐
  5. 桑田佳祐、あの週刊文春で連載開始!その名も〝ポップス歌手の耐えられない軽さ〟

桑田佳祐、あの週刊文春で連載開始!その名も〝ポップス歌手の耐えられない軽さ〟



週刊文春で桑田の連載が開始

2020年、早くも桑田佳祐が動き始めた!なんと週刊文春で年明け最初となる1月9日発売号から桑田の連載が始まることが決定したのだ。

桑田の雑誌連載は、1998年のTOKYO WALKER「好きにして良いのよ」以来実に22年ぶり。

今回は「頭もアソコも元気なうちに、言いたいことを言っておきたい!」という桑田の気持ちと、「音楽だけでなく桑田さんの言葉を後世に残したい」という文春サイドの思いが合致したことで実現に至ったという。

音楽以外のことを語る貴重な連載に

すでに初回の原稿は出来上がっているとのことだが、そこには〝パパ活〟〝VRアダルトビデオ〟といった現在の世相を掬い取った話題から、現在の音楽シーンのこと。

そしてデビュー間もない頃のエピソード、さらに年初にあたり今桑田自身がやってみたいことまで、桑田・サザンファンならずとも興味深い話題が満載になりそうだという。

以後、毎週さまざまなテーマを徒然に語っていくことになる予定とのことだが、普段なかなかメディアで語る場面が多くない桑田が、しかも音楽以外のことについて語ることは滅多にないため、そういう意味でも大変貴重な連載になっていくことだろう。


ポップス歌手の耐えられない軽さ

気になる連載タイトルは「ポップス歌手の耐えられない軽さ」。

映画にもなったミラン・クンデラの有名小説「存在の耐えられない軽さ」のオマージュとも取れるタイトルだが、そこからは自らを「大衆音楽歌手」といって憚らない桑田のある種の矜恃と、そして自虐との絶妙なバランスが表現されていると言えるだろう。 

一方で桑田は2020年の今年、民放各局が協力して日本を盛り上げようという民放共同企画「一緒にやろう」の応援ソングを担当し、その曲が完成したことがアナウンスされたばかり。

また、来月にはシングル「悲しきプロボウラー」のリリース、さらにその曲がテーマ曲となっている「KUWATA CUP 2020」の決勝大会も控えている。

新年早々から、今年も桑田の動きに大注目である。
 

週刊文春 加藤晃彦編集長のコメント

1970年代から変わらず、日本の音楽シーンのトップを走り続けてきた桑田さんが、いまどんな思いを抱き、どんな言葉を後世に残したいと考えているのか、読者の皆さんの関心も非常に高いと思います。

スローにちょっとずつ、毎週紡がれていく、桑田さんの愛の言霊の数々に御期待&御用心ください。

桑田佳祐は、日本の男性歌手。神奈川県出身。バンド、「サザンオールスターズ」のバンドマスターでもある。所属はアミューズ。レーベルは1982年がInvitation、1987年以降がタイシタレーベルである。1986年、1年限定のソロプロジェクト「KUWATA BAND」の結成がソロ活動開始のスタート。「BAN BAN BA···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

BiS、新アルバムリード曲「BASKE…

TVアニメ「ブラッククローバー」 新…