1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. さかいゆう
  5. さかいゆう、New Album「Touch The Wolrd」3/4リリース&リリース記念ライブ開催決定!

さかいゆう、New Album「Touch The Wolrd」3/4リリース&リリース記念ライブ開催決定!



全曲海外録音によるオリジナルアルバム

2019年10月にデビュー満10周年を迎え、近年は海外でのレコーディングを精力的に行い、そのドキュメンタリーをSNSで発信するなど、各方面からさらに注目を集めている さかいゆう。

そんなさかいゆうがこの度、オフィスオーガスタの新レーベルnewborder recordingsへのレーベル移籍、そして全曲海外録音によるオリジナルアルバムを、3月4日(水)にリリースすることをついに発表!

今回のニューアルバムは、newborder recordings及び、グローバルレーベルCaroline Internationalからの共同リリースとなる。

アルバムタイトルは『Touch The World』。

アルバムに収録される全12曲の曲目や参加アーティストの詳細等も発表された。

初回限定盤は、高音質のSHM-CD、さらには2019年10月に日比谷野外大音楽堂にて開催されたアニバーサリーイベント『SAKAIのJYU』のLIVE映像や、海外レコーディングの様子に密着したドキュメント映像、ミュージックビデオなどが収録された特典DVD付きの豪華版となる。


テーマは「世界」と「旅」

さかいゆうにとって6枚目のオリジナルアルバムとなる今作は、ロンドン、LA、NY、サンパウロの文化遺産とも言える歴史あるスタジオを巡り、現地のミュージシャン、エンジニアと一緒にレコーディングをし「世界」と「旅」をテーマに制作された。

前作『Yu Are Something』のレコーディングが日米で、ブラックミュージックへの憧憬をモチベーションにつくられた作品だとすると、今作『Touch The World』は世界各国の文化の違い、制作手法の違いを楽しみながらJ-POPアイデンティを確信した作品と言える。

それを物語るように、曲目や楽曲クレジットには、世界各地のレジェンドミュージシャンたちが名を連ねる。

元Jamiroquaiの伝説のベーシストStuart Zender、IncognitoのリーダーBluey、PrinceのバンドNew Power Generationのメンバーとして知られるギタリストのKat Dyson、同じくNPGのキーボーディストのRenato Neto、グラスパー一派として知られているLAの鬼才サックス奏者Terrace Martin、ニューオリンズの天才トランペッターNicholas Payton、ブラジル音楽の神様と言われるDjavanを父に持つギタリストMax Viana、ブラジル音楽のみならずワールドワイドに活躍するベーシストMarcelo Mariano、「ローリングストーン誌が選ぶ史上最も偉大な100人のドラマー」第32位、Bill Withers やCheryl Lynn などで知られるJames Gadson・・・。

アルバム制作の最後に録音したという楽曲「Soul Rain」は、ロンドンのアビーロードスタジオにてEverton Nelsonによる壮大なストリングスサウンドで幕を閉じる。

まさに“世界に触れ”、“世界に感動”してきた、さかいの渾身の大作に自ずと期待が高まる。

既に先行配信リリースしている楽曲「She's Gettin' Married」をプロデュースしたという、インコグニートのブルーイからは、お祝いのメッセージも届いた。

お祝いのメッセージ

▲【Bluey(Incognito)より】 さかいゆうNewAlbum『Touch The World』リリース祝福コメント

こんにちは、インコグニートのブルーイです。さかいゆうについて少しお話します。

彼は歌手として、そしてミュージシャンとして素晴らしい才能を持つ若者で、あれほどソウルフルな日本人アーティストと一緒に音楽ができるなんて想像もしてなかったよ。

彼のディテールは美しく、彼とは一緒にいるだけでも楽しい。

だからロンドンでも楽しい時間を過ごせたし、これからもこの関係を続けたいよ。

彼の新しいアルバムが待ち遠しい!

彼の才能はずば抜けているから、是非聴いてほしい。

さかいゆう!

「21番目のGrace」2/5先行配信

さらに、3月4日リリースのアルバム『Touch The World』に先駆け、収録曲の「21番目のGrace」を、2月5日(水)に先行配信リリースすることも発表!

newborder recordingsへのレーベル移籍後、初のリリースとなる。

配信ジャケット写真とともに、新しいアーティスト写真、同楽曲のティザー映像も解禁。

▲さかいゆう / 21番目のGrace [teaser]

この楽曲は、『SAKAIのJYU』で初披露され話題となっている楽曲だが、ティザー映像にはその時のLIVE映像が使用され、野音ならではの会場の雰囲気も垣間見ることができる。

音楽人としての決意を歌うかのようなテーマでありながらLAの乾いた風が感じられる清々しいトラックが印象的な一曲だ。

発表はこれだけに留まらない。

二都市でリリース記念ライブ開催

アルバム発売を記念して、東京・大阪の二都市で、リリース記念LIVEの開催が決定。

5月14日(木)大阪・梅田CLUB QUATTRO、5月17日(日)には東京・日比谷野外大音楽堂という二公演。

東京公演は2019年大盛況に終えた『SAKAIのJYU』が記憶に新しい同会場で、二部構成のスペシャルバージョンとなることも明らかになった。大阪公演と共に見逃せない内容になりそうだ。

チケットのオフィシャルHP先行の受付もスタート。

イベント詳細は随時、公式HP・SNSで発表されるそうなのでチェックしてほしい。

さかいゆうの10周年はまだまだ続く。今後の活躍からも目が離せない。

高知県出身。  高校卒業後、18歳の時に突如音楽に目覚め、20歳で上京。  22 歳の時、単身でLA に渡り独学でピアノを始める。 唯一無二の歌声と、SOUL・R&B・JAZZ・ゴスペル・ROCKなど幅広い音楽的バックグラウンドをポップスへと昇華させる、オリジナリティ溢れるサウンドが魅力の男性シンガ···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

go!go!vanillas、東名阪&…

大橋トリオ、代表曲「A BIRD」「モ…