1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. SHE'S
  5. SHE’S 「Tragicomedy」先行配信開始!“現実”と“幻想”が融合した美しいMVも公開!

SHE’S 「Tragicomedy」先行配信開始!“現実”と“幻想”が融合した美しいMVも公開!



タイトル曲「Tragicomedy」先行配信

大阪発、ピアノロックバンドSHE’S。

5月13日(水)にリリースするニューアルバムのタイトル曲となる「Tragicomedy」が2月21日(金)より先行配信がスタート。

タイトル曲でもある同曲は“心”をテーマに制作された今作の象徴とも言える楽曲に仕上がっている。



井上竜馬は同曲に関して以下セルフライナーノーツを残した。

<井上竜馬(Key. & Vo.)「Tragicomedy」セルフライナーノーツ>

「心は人そのものだ。

目にも見えないし喋りもしないけれど、心というものが一人一人に、個性を持って確かに生きている。

どうしてこの心は僕に宿り、育ち、生きているのだろうと考えた。

やっぱり話すことは出来ないから正解かどうかわからないけれど、傷つける為でも、奪う為でも、憎む為でもなく。

僕は決して多くない傍にいてくれる大事な人達を、愛す為に、守る為に、共に心と生きていたいと思う。」


「Tragicomedy」MUSIC VIDEO公開!

そして、先行配信と合わせて「Tragicomedy」MUSIC VIDEOも同時公開。

“現実”と“幻想”が融合した美しいミュージックビデオに仕上がっている。



キャストとして井上竜馬(Key. & Vo.)が出演し、坂ノ上茜が少女役をつとめた。

今作の監督は第64回ベルリン国際映画祭にてFIPRESCI(国際批評家連盟賞、各部門から選出される特別賞)の受賞経験もある坂本あゆみ氏。

また、監督のたっての希望で、アジアの映画祭や、日本アカデミーなど数々の撮影賞受賞歴のある蔦井孝洋氏が撮影を担当している。

監督は今作に関して、以下コメントをしている。

<坂本あゆみ 監督コメント>

「日常の刹那的な歓喜が、例えそれが去っていってしまっても、きっと生きるを支えている。

そんな事を思いながら創った作品です。

竜馬さんの優しさ、SHE'Sの深い感性が、誰かに、あなたに届きますように。」

▲「Tragicomedy」MUSIC VIDEO

リリース情報

●2020年2月21日(金)
デジタルシングル「Tragicomedy」

●2020年5月13日(水)
4thアルバム「Tragicomedy」
(読み:トラジコメディー)

【CD 収録曲】
01.Masquerade
02.Letter、Your Song
03.Unforgive
(ドラマ特区「ホームルーム」OP主題歌)
04.Higher
(第92回センバツ MBS公式テーマソング)
05.Tragicomedy
他全13曲
※価格/形態/収録詳細は後日発表

聴けば、きっと囚われる。旋律に愛されたバンド。 メンバー全員大阪出身の次世代ピアノロックバンド。2012年「閃光ライオット」ファイナリストを契機にその高い音楽性が一気に注目を集め、2016年6月にメジャーデビュー。全作品のソングライティングを担う井上竜馬が奏でるピアノをセンターに据え、···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Dragon Ash、メジャーデビュー…

さなり、4月に自身最大規模のワンマンラ…