1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. SHE'S
  6. SHE'Sの「幸せ」を聴いたら、“幸せ”の意味が見つかった

【歌詞コラム】SHE'Sの「幸せ」を聴いたら、“幸せ”の意味が見つかった

ぎゅっとまとめ
  • SHE'Sが曲を通して伝えてくれた幸せについて考察をした記事
  • 歌詞は、恋人同士からの幸せから始まり、別れの後悔で終わっている
  • 本当の幸せは、違いを受け入れて○○する事。それが幸せへの道となる

このアーティストの関連記事をチェック

SHE’Sが描く、「記憶」という永遠の…

SHE’S「One」アニメ「メジャーセ…

“幸せ”その感じ方は人の数だけ違う。たくさんの幸せの中で、SHE’Sは、別れから生まれた一つの『幸せ』を歌った。数ある幸せの中で、SHE’Sの思う『幸せ』とは、何かを考えてみたい。

公開日:2020年1月7日 更新日:2020年1月7日


この記事の目次 []
  1. ・別れの曲なのに「幸せ」
  2. ・幸せを考えた時、人はだいたい自分の幸せを考える
  3. ・二人の幸せから見えるすれ違い
  4. ・時はすでに遅く
  5. ・彼女目線の「幸せ」を描くことで、初めて二人で「幸せ」になれた

別れの曲なのに「幸せ」


SHE'Sの『幸せ』は、“相手の価値観を思う”事の大切さを歌っているのだろう。

歌詞は恋人同士の“幸せな時間”から始まり、“別れの後悔”で終わる。

何故、別れてしまった2人の歌が『幸せ』なのか。SHE'Sが持つ“思慮深さ”という魅力で溢れた『幸せ』を、じっくり読み解いていく。

幸せを考えた時、人はだいたい自分の幸せを考える

----------------
君が寝息を立てていた
痺れる腕 起こさないように
ゆっくり外して頬に触れる
≪幸せ 歌詞より抜粋≫
----------------

SHE'Sの『幸せ』を考えるにあたり、まず“幸せ”とは何かを考えてみたい。

今、この“幸せとは何か”と読んで、あなたはどんな“幸せ”を思い浮かべただろうか。

“幸せ”と一言でいっても、その感じ方は千差万別だと思う。

それが例え、『幸せ』の歌詞に描かれるような、相手を思いやれる仲睦まじい恋人同士でもだ。

何故だろうか。それは、“幸せ”を思うとき、人はだいたい“自分の幸せ”を考えるからだ。

二人の幸せから見えるすれ違い


では、SHE'Sの『幸せ』の主人公である彼が思う“幸せ”とは何か。

彼の“幸せ”が何かは、SHE'Sの『幸せ』の歌詞の書き方に注目すると分かる。

----------------
キッチンに立って 箸を持つ
穏やかな表情で
2人分には少し多いね と言って
後ろから笑う顔が見えた

「それが幸せ」とベッドに寝転んで
「何もいらない」と君は
「私の幸せは私が決める」って
愛してくれてたんだね
≪幸せ 歌詞より抜粋≫
----------------

『幸せ』は歌い始めから終わりまでの間に、彼女の話した言葉や彼が彼女にしてあげた事が描かれている。

この歌詞が意味するのは、“2人が思う幸せが違う”という事。

『幸せ』で描かれている、彼が彼女にしてあげている事は、すべて彼にとって“当たり前のこと”なのだろう。

彼女を起こさないように腕まくらを外す事も、“節約や健康の為”なんて理由で毎日食事を作る彼女を労ってたまに作る料理も。

他人から見れば、とても優しくて“彼女は幸せ者”と思われるような愛情の示し方なはずだ。

でもきっと、彼は全部“自分の幸せのため”にしている訳ではないのだろう。

彼には、別の“幸せ”があるように感じる。彼の思う“幸せ”とは、“もっと仕事を頑張って、彼女と結婚する事”ではないだろうか。

時はすでに遅く


----------------
「幸せ」とベッドに寝転んで
「あなたと今いたいから」
「それだけでこれからも幸せ」と話してくれたのに
離してしまってごめんね
≪幸せ 歌詞より抜粋≫
----------------

最後の一節で、あんなに幸せそうに見えた2人は、破局を迎えてしまっている。それは、2人の“幸せのすれ違い”が原因だろう。

彼の考えは“もっと仕事を頑張る事”。その結果として得られる、経済的な安定=結婚して幸せにしてあげられる=それが幸せ。

しかし、彼女は違うのだ。

彼女の言葉から、彼女の“幸せ”は「あなたと今いたいから」「それだけでこれからも幸せ」ということが素直に伝えられている。

彼女が思う“幸せ”は、お金や仕事で得られる幸せではなく、あなたがいる事。そんな風に愛せるあなたと一緒に居られる事なのだ。

この2人の“幸せ”のゴールは同じところにある。

しかし、ゴールにたどり着くまでの“道のり”が、別れてしまったのだ。別れてしまった道を進むには、繋いでいた手は離さなければならない。

彼女目線の「幸せ」を描くことで、初めて二人で「幸せ」になれた


歌の最後は「離してしまってごめんね」という言葉で結ばれている。なんて、悲しい感情表現だろうか。この一言だけで彼の彼女に対する深い後悔が、苦しいほど伝わってくる。

しかし、このSHE'Sの『幸せ』は、ただ失恋の悲しみを伝えるために歌っているわけではないのだ。

彼は確かに“自分の幸せ”を優先してしまった為に、彼女を失ったかもしれない。

けれど、独りになって彼女との“ありふれた日常”を思い返した時、“彼女の幸せ”が何かということに気がつけたのだ。

“2人が一緒にいる事”たったそれだけの事が“幸せ”なのだ。彼にとってその真実は、独りにならなければ気がつけなかったこと。

SHE'Sの『幸せ』という曲は“人はそれぞれに感じ方や考えがある”“それぞれの違いを受け入れて理解する”それが『幸せ』に繋がる。そんな考えから、歌われた曲なのだろう。

TEXT 後藤かなこ

聴けば、きっと囚われる。旋律に愛されたバンド。 メンバー全員大阪出身の次世代ピアノロックバンド。2012年「閃光ライオット」ファイナリストを契機にその高い音楽性が一気に注目を集め、2016年6月にメジャーデビュー。全作品のソングライティングを担う井上竜馬が奏でるピアノをセンターに据え、···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

音楽ファン必見必聴バンド!生み出す作品…

都会で生きる現代版・魔女の宅急便「わた…