1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. YOASOBI
  5. YOASOBI、超没入エナジードリンクのコラボ企画に「ハルジオン」を書き下ろし!5月リリース&ティザー映像公開!

YOASOBI、超没入エナジードリンクのコラボ企画に「ハルジオン」を書き下ろし!5月リリース&ティザー映像公開!



コラボ企画に新曲を書き下ろし!

小説を音楽・映像で具現化する新生ユニット「YOASOBI」。

2019年11月に公開したデビュー曲「夜に駆ける」は、公開直後から瞬く間に注目を集め、公開1か月でYouTube100万回再生を突破、まもなく1,000万回再生に到達する。


SNSで話題の曲たちがランクインするSpotify「バイラルトップ50(日本)」では1位を獲得し、1ヵ月以上TOP5を継続。

2020年1月にリリースした第2弾楽曲「あの夢をなぞって」もLINE MUSICのリアルタイムチャートで4位を獲得。

2月にはまだ公開楽曲が2曲にも関わらず、TBS「CDTV」内の「CDTV PICK UP!」にて特集されるなど、各所で今熱い注目を集めている。

そんな彼らが、2020年5月12日(火)より発売が予定されている超没入エナジードリンク「ZONe Ver.1.0.0」が仕掛けるコラボ企画「IMMERSIVE SONG PROJECT(イマーシブ ソング プロジェクト)」に参加することが決定した。

「ハルジオン」5月リリース!


eカルチャー*をつくるクリエイターとファンをサポートするエナジードリンク「ZONe」のコンセプトは「IMMERSIVE=没入」。

それをテーマに書き下ろした新曲「ハルジオン」のMusic Video、原作小説公開、音源配信を2020年5月におこなう。

*V Singer、絵師、eスポーツなど最先端テクノロジーとSNS時代から生まれた新しい、音楽、アート、ゲームを指す。

今回の原作小説は、YOASOBIとしては初となるプロの小説家とのコラボレーション。

刊行時には俳優の成田凌、飯豊まりえらも賛辞を寄せ、映画化も決定しているデビュー作「スクロール」(講談社)、そして収録の1篇「ファン」が松本花奈監督、本田翼主演により映像化された第2作「楽しかったよね」(講談社)などで注目を集める話題の新人作家・橋爪駿輝による書き下ろし短編「それでも、ハッピーエンド」が原作となっている。

そして新曲「ハルジオン」のティザー映像が公開となったので、そちらも要チェック!詳細情報は後日発表!

▲YOASOBI「ハルジオン」 teaser / ZONe IMMERSIVE SONG PROJECT

コラボ限定パッケージも決定


今回の企画を記念して、コラボ限定パッケージ(6缶パック)の販売も決定!

4月20日よりAmazonにて予約販売が開始!

▷コラボ限定パッケージ「YOASOBI」バージョン予約はこちら!

コラボ限定パッケージを専用サイトからスマートフォンで見るとARスペシャルコンテンツが楽しめる「ZONe ARカメラ」も5月12日(火)より公開予定。詳細は下記をチェック!

▷「IMMERSIVE SONG PROJECT」公式HP

「夜遊びコンテストvol.1」作品公開中

また、2020年1月~2月にかけて開催され、500作品を超える多くの投稿があった、YOASOBIの新曲原作を募集する「夜遊びコンテストvol.1」の大賞受賞2作品も現在公開中なので、そちらも是非チェックして欲しい。

それぞれを原作とした楽曲を今後制作、発表していく予定である。

大賞作品

■「たぶん」(しなの 著)
<あらすじ>
騒がしい物音で、目が覚めた。今うちに入って来られるのは一人しかいないけど、あいつはこんな雑な音は立てないはず...
意を決して開けた目に飛び込んできた姿と、物音の正体とは...?それぞれの道を歩んでいく二人のやりとりが軽妙なのに胸に刺さる、切なくも美しい別れの物語。

■「世界の終わりと、さよならのうた」(水上下波 著)
<あらすじ>
この世界に『終末宣言』が発表されてからもうすぐ一年。なぜか明日、世界は滅ぶのだという。
街中の楽器を集めて暮らしていた“俺”は、世界最期の日の朝に一人の女の子を救う。次第に心を通わせた二人が奏でる旋律は美しく重なり、やがて生への祈りとなる...。
希望を持つことの尊さを音楽に乗せて語りかける、終末世界のボーイミーツガール。



“YOASOBI”は、「monogatary.com」で2019年7月〜9月にかけて実施されていたコンテスト「モノコン2019」内の「ソニーミュージック賞」で大賞に輝いた物語を楽曲化するために結成された新生音楽ユニット。

楽曲を手がけるのは2020年最も勢いのあるボカロPの1人である“Ayase”。

2018年12月よりボーカロイド楽曲の投稿を開始、2019年4月に投稿した「ラストリゾート」がYouTube再生400万回を突破。

11月23日(土)にリリースしたEP『幽霊東京』はiTunesアニメランキング3位、通信販売で用意したCDも即完した。

ボーカルを務める“ikura”は、東京海上日動あんしん生命のCMでの歌唱、アコースティックセッションユニット「ぷらそにか」での活動でも注目を集め、11月16日(土)にセカンドミニアルバム『Jukebox』を発売したシンガーソングライター“幾田りら”。

今後の活動にも是非注目してほしい。

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、"小説を音楽にするユニット"YOASOBI。 2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」は公開1か月でYouTube 100万回再生を突破、2020年4月初頭には900万回再生を達成、SNSでの話題性を反映するSpotify日本バイラルTOP50で1位を獲得するなど勢い···


リリース情報

●2020年5月配信リリース予定
「ハルジオン」
作詞・作曲・編曲:Ayase/歌唱:ikura
原作:「それでも、ハッピーエンド」(橋爪駿輝 著)

<あらすじ>
「卒業しても、俺らはなんも変わんないよ。」美大を卒業して離ればなれになったあなたとわたし。理想と現実のギャップに打ちひしがれ、バックれた会社からの電話も鳴らなくなった頃に突然来たある連絡をきっかけに、わたしは再びカンバスの前に立つ...。
美しすぎた過去とも、ままならない現実とも向き合って、再び歩き出そうとする姿を繊細かつエネルギッシュに描いた現代のクリエイター・ノベル。

<橋爪駿輝 プロフィール>
2017年に『スクロール』(講談社)でデビュー。俳優の成田凌、飯豊まりえらも賛辞を寄せるなど話題の新人として注目を浴びた。
翌2018年に発表した第2作『楽しかったよね』(講談社)は収録の1篇「ファン」が松本花奈監督、本田翼主演により映像化された。2020年、新潮社より新作「さよならですべて歌える」刊行予定。さらに「スクロール」の映画化も決定している。


●2020年1月18日(土)配信リリース
「あの夢をなぞって」 

▷配信はこちら
▷MV

作詞・作曲・編曲:Ayase/歌唱:ikura
MV:頃之介古論(Twitter
原作:「夢の雫と星の花」(いしき蒼太 著)

<あらすじ>
私は子どもの頃から予知夢を見ることができた。双見家の女性は皆さまざまな形で未来を予知できるらしい。でもこの未来予知には一つ欠点があった。予知した通りの未来にならなければ、その能力を失ってしまうということ...ずっと好きだった幼馴染みに告白される”予知夢”を見た私。でも意識するあまり、気持ちとは裏腹な行動を取ってしまう。さらに”夢”を見たのは私だけじゃなくて...?青春の甘酸っぱさをギュッと詰め込んだ、少し不思議なひと夏の恋愛譚。


●2019年12月15日(日)配信リリース
「夜に駆ける」 

▷配信はこちら
▷MV

作詞・作曲・編曲:Ayase
歌唱:ikura
MV:藍にいな(Twitter
原作:「タナトスの誘惑」(星野舞夜 著)

<あらすじ>
飛び降り自殺を図ろうとする彼女を見たのは、実はもう四度目だ。
ある日突然目の前に現れ、一瞬で僕の心を奪った彼女は、死に対する欲動-タナトスに支配されていた。ある日の諍いをきっかけに一気にスピードアップする展開、そして彼女の正体とは。生と死、幸せの形を問う切れ味鋭い掌編。

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

the shes gone、ふたりの日…

宇多田ヒカル、ドラマ主題歌『Time』…