1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. YUI
  5. 「THE FIRST TAKE」が贈るFES史上最も緊張感のあるFES YUIが8年ぶりに「TOKYO」を披露

「THE FIRST TAKE」が贈るFES史上最も緊張感のあるFES YUIが8年ぶりに「TOKYO」を披露

1枚目のニュース画像です

出演者4組の決定

11/13(金)22時に公開されるYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の新コンテンツ「THE FIRST TAKE FES vol.2 supported by BRAVIA」の出演者が明らかとなり、ロックバンドFLOWER FLOWER でも活躍する”yui”が、ソロ時代のアーティスト名義“YUI”として「THE FIRST TAKE」初登場し、8年ぶりに名曲「TOKYO」と代表曲「CHE.R.R.Y」を披露する事がわかった。

YUIとしてオンライン上のライブ映像が公開されるのは初となる。


「THE FIRST TAKE FES」は、「THE FIRST TAKE」の緊張感のある世界観はそのままに、ライブハウスからアーティストのパフォーマンスを一発撮りで届けるコンテンツ。

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」上にて無観客・無料にて公開する。

ライブハウスの大きなステージの上に建てられた白い壁を背景に、無観客の静けさのなか、FES史上最も緊張感のあるFESとなる。

第2回となる今回の出演者は、竹内アンナ、Cö shu Nie(コシュニエ)、緑黄色社会、YUIの4組が登場。

2012年以降初めての披露「TOKYO」

ヘッドライナーとしてYUIが登場し、自身が東京に上京するときの思いを歌った原点とも言える「TOKYO」とCMソングとして発表され春の定番曲で代表曲の「CHE.R.R.Y」を一発撮りで披露する。

「TOKYO」はデビュー前のYUIが上京をする時の気持ちを綴った名曲。



2012年 YUI 5th Tour『Cruising ~HOW CRAZY YOUR LOVE~』の武道館公演のラストでは歌いながら号泣するというシーンも垣間見られた思い出の曲。

「TOKYO」を披露するのは、そのツアーを行っていた2012年以降初めての披露となる。

ティザー映像の公開

竹内アンナは、LA生まれ京都在住、19歳でアメリカの大型フェスにも出演し、熱心な音楽ファンに注目を受けながら、同世代のアイコンとしても支持されているシンガーソングライター。

また、Cö shu Nie(コシュニエ)は、「東京喰種」「約束のネバーランド」「PSYCHO-PASS」などのアニメの楽曲も手掛けると同時に唯一無二のカオスなバンドサウンドと世界観で国外からも人気の高いアーティスト。

さらに、緑黄色社会は数々のドラマやアニメの主題歌を務め、日本テレビ系「スッキリ」の「ひとつになろう!ダンスONEプロジェクト~高校生ダンス部応援企画~」のテーマソングとしても起用されている「Mela!」がストリーミングチャートにおいてロングヒットしているなど、2020年大きな躍進を見せている注目の4人組バンドである。


なお、他アーティストの歌唱楽曲は当日のお楽しみとなっていて、それぞれ、どんなパフォーマンスで魅せるのか期待してほしい。

さらに、11月11日22時に「THE FIRST TAKE FES vol.2 supported by BRAVIA」のティザー映像が公開される。

11月13日のプレミア公開に向けて、さらに期待感高まる映像になっているので合わせてチェックしてほしい。

▷「THE FIRST TAKE FES 2020.11.13 / LINEUP ANNOUNCEMENT」
※2020/11/11(水)22:00よりプレミア公開

▷「THE FIRST TAKE FES vol.2 supported by BRAVIA」
※2020/11/13(金)22:00よりプレミア公開

▷YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」

▷「THE FIRST TAKE」Official Site

出演者コメント

【竹内アンナ】
たった一度の瞬間に何を込めて何と向き合うか。真っ白な緊張感の中で思いを巡らせ、出てきた答えはとてもシンプルでした。

「音楽が大好き」この気持ちがあるからどんな時もきっと無敵。THE FIRST TAKE FESのステージで歌えてほんまに幸せです。

【Cö shu Nie(中村未来)】
2度目のお呼ばれ、とっても光栄です。

今回はCö shu Nie本来のバンドの姿でお邪魔します。お楽しみに。

【緑黄色社会(長屋晴子)】
二度目のTHE FIRST TAKE。そしてメンバー全員揃ってでは初めてのTHE FIRST TAKE。

このチャンネルを通して、まだ見せたことのない一面をご覧いただいていましたが、まだまだお見せしていない一面がありました。

よくナマモノは取り扱い注意とされますが、

一瞬一瞬をよく注意して見てほしいです。

「一度として同じライブはない」

そう思わせてくれる、リアルでスリリングで最高にエキサイティングな時間を楽しんでもらえたらと思います。

【YUI】
1発撮りという緊張感の中で、久しぶりに「TOKYO」を歌わせていただきました。

THE FIRST TAKE FESは、昔やっていた路上ライブの感覚を思い出すようでもあり、貴重な経験でした。

「TOKYO」は8年ぶりだったので、当時聴いていただいていた方にもたくさん届くとよいなと思います。

「THE FIRST TAKE」番組コンセプト


「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。

ONE TAKE ONLY, ONE LIFE ONLY. 一発撮りで、音楽と向き合う。

ただ想いを込めて歌うだけじゃない。

マイクの前に立ったとき、何を感じているのか。

その曲に辿りつくまでに、いくつの壁があったのか。

これまでどんな姿勢で、音楽と向き合ってきたのか。

そんなアーティストたちの生き様が、音楽になっていく。

一人ひとりが前に踏み出そうとする時代。

音楽にできることを考えていきたい。


音楽に対する姿勢も、音楽だ。

THE FIRST TAKE


■「THE FIRST TAKE」とは

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルだ。

本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。

2019年11/15(金)にローンチし、チャンネル登録者が255万人(※11/11時点)を突破、さらに動画総再生数が5億1000万回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。

■「THE FIRST TAKE」SNS
▷Instagram:@the_firsttake
▷Twitter:@The_FirstTake
▷TikTok:@The_First_Take

2004年2月のソニーミュージックSDグループオーディション本選にて各レーベルにて争奪戦となり、その後、Sony Music Recordsと契約。 映画「タイヨウのうた」では主演に抜擢されるなど、アーティスティックな才能に溢れ、同世代を中心に、幅広い世代に絶大な支持を得る。 現在はバンド「FLOWER···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ねもぺろ、LAVILITHによるX’m…

コンピCD「SING for ONE」…