1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. 洋楽
  4. Jonas Blue

ジョナス・ブルー、BE:FIRSTを迎えたシングル「Don‘t Wake Me Up feat. BE:FIRST」をリリース!

©Emma Tomelty

「Don‘t Wake Me Up feat. BE:FIRST」リリース!コメントも到着!

イギリスのDJプロデューサー、ジョナス・ブルーが、SKY-HIが立ち上げたマネジメント/レーベル「BMSG」所属のアーティスト、BE:FIRST(ビーファースト)と共に、「Don’t Wake Me Up feat. BE:FIRST」をリリースした。

■ジョナス・ブルー:プロフィール 本名 ガイ・ジェイムズ・ロビン(Guy James Robin)。1989年8月2日生まれ、イギリス出身のDJ、ソングライター、ミュージシャン、プロデューサー。 ロンドンをベースにハウスDJ/プロデューサーとして活動を開始。清涼感溢れるピアノを軸としたジョナスが作···


「Don’t Wake Me Up」は、ジョナス・ブルーが年間を通して行う新たなコラボレーション・プロジェクト『Together』からの最初のリリースとして年始にリリースされ、オリジナルヴァージョンはアメリカ発の注目ボーイズバンド、ホワイ・ドント・ウィーとのジョイント・シングルであった。


楽曲のリリースに関してBE:FIRSTメンバーは、「ジョナス・ブルーさんの曲は以前から自分たちも聴いていましたし、まさかコラボできるとは思いませんでした!ジョナス・ブルー、Why Don't Weにbig respectです!僕たちがまた新しい「Don't Wake Me Up」を届けられたらと思います!」とコメントしている。



今回のリミックス作品はBE:FIRSTにとって初の外国人アーティストとのコラボレーションとなり、ジョナス・ブルーはフジロックフェスティバル’22出演も決定しており注目を集めている。

先日、BE:FIRSTは1stアルバム『BE:1(ビーワン)』が2022年8月31日にリリースされると発表した。

彼らの1stアルバム『BE:1』には、多数の新曲を含む15曲が収録される。

Chaki Zulu、KM、Sunny Boy、UTA、Sakai“DR.R”Ryosukeといった日本が世界に誇るトッププロデューサーから新進気鋭のプロデューサーがビートを提供し、デビュー・アルバムでありながら「日本で産まれる音楽アルバムのベスト盤」とBMSGが自信を持って送り出す。

ジョナス・ブルーのプロデュースとBE:FIRSTの日本語ボーカルが融合した新バージョンの「Don't Wake Me Up」は、日本国内のみならず海外からも注目を集める。

 リリース情報



Jonas Blue ジョナス・ブルー
BE:FIRST ビーファースト 
タイトル:「Don’t Wake Me Up feat. BE:FIRST」
タイトル:「ドント・ウェイク・ミー・アップ feat. BE:FIRST」
絶賛配信中
▷配信リンク
boomeet

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約