1. 歌詞検索UtaTen
  2. 歌詞検索(キーワード:新山詩織)

新山詩織 詳細検索結果

タイトル / 歌手 歌い出し

Snow Smile

新山詩織

きらきら射し込む光に 粉雪が舞い踊るなか 気まぐれに 過ぎてゆく

糸(映画 古都 エンディング曲)

新山詩織

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない

絶対

新山詩織

何が怖くて何に怯えてるの 何がそんなに不安なの 今でさえこんなにも 自分のことが分からない

名前のない手紙(映画 古都 コラボレーション企画オリジナルショートフィルム Matcha!!! 主題歌)

新山詩織

「あなたが好き」 この一言が言えたら どんなに楽だろう 好きだからこそ

フイルム

新山詩織

映画のように 僕らは 走る 走る 走る

シャボン玉みたいに

新山詩織

あの頃の私まだ 何も分からなかった 当たり前だった事が こんな遠くなる事

17歳の夏

新山詩織

ため息少し 晴れ空重なって また夏が来ちゃったな 浮き足立ってる はしゃぐ人たちを

ひとりごと

新山詩織

冷たい溜息 夜の風に 連れ去られて 取り残された 心は今

現在地

新山詩織 with THE GROOVERS

眠り続けても 頭腐らない 頭使っても 世界ひらかない 世界動いても

さよなら私の恋心

新山詩織

さよなら私の恋心 明日はきっと 晴れるでしょうか夕焼けが あまりに綺麗だったから

四丁目の交差点

新山詩織

四丁目の交差点 待ち合わせて いつものコンビニ おにぎり買って… 午後4時前

あたしはあたしのままで(CX系ドラマ『ラヴソング』劇中歌)

新山詩織

駅まで向かう道路 すれ違うひとの群れ 息つくスキもなく 逆らうように歩いてた

恋の中(フジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」劇中歌)

新山詩織

キラキラ光る水面を走る 風はもう夏を運ぶけど 冷たいわたしの指先を 包んでくれるあなたの掌

Dear friend

新山詩織

遠く夜の空に 消えては咲く花火 道端に座り込み ふたり眺めてた時間は特別

Winding Road

新山詩織

繋がったこの指で なぞるひとつの境界線 変わり映えのない今日を ただ眺めてた

sunny day

新山詩織

まぶしい陽射しが あたしのつま先を照らしてる 晴れた日少し切なくなる きっと今なら伝えられる

Hello

新山詩織

どうせなら このまま全部 夢のなか 連れて行こう

ありがとう

新山詩織

ありがとう 大切な人 桜が咲いている ここから お互いに2人の道を進むんだ

分かってるよ

新山詩織

ひとりで泣いていた 静かな部屋の中 不安は消えなくて 震えた身体だけ

深夜高速

新山詩織

青春ごっこを今も 続けながら旅の途中 ヘッドライトの光は 手前しか照らさない 真暗な道を走る

たんぽぽ

新山詩織

国道沿いを 両目で追いかけてた 当たり前すぎる日々に 私は流れてく

「大丈夫」だって

新山詩織

「大丈夫」だって いつだって 君に平気なフリして笑って 後悔ばかりしてるんだ いつも

今 ここにいる

新山詩織

昨日より 少しだけ 微笑みかけるような 今よりも 透明な

ありったけの愛

新山詩織

みんなきっと分かってる 押し花にされる美しかった花の色を みんなきっと分かってる いつまでもそこにいる石ころのこと みんなきっと分かってる

らくがきちょう(NTT西日本 就活生応援MOVIE テーマソング)

新山詩織

いつか 世界を飛ぶんだ 羽を広げて 引き出しの奥のノートに 書き残してた

Sweet Road

新山詩織

月明かり 帰る道で ふと浮かぶ 君のこと あの春の日

部屋でのはなし。

新山詩織

すうっと 流れる日曜日の午後は テレビをつけて 掃除をして

LIFE

新山詩織

「いいかげん気付いてよ!」 君が描いた世界 演じてる だけどホントの僕は 違う地球にいる

隣の行方(日本テレビ系 バズリズム 2 月オープニングテーマ)

新山詩織

偶然のフリをして ふりかえる 夕暮れのバス停の先 交差点で 通り過ぎてゆく

もう、行かなくちゃ。(映画 ホテルコパン 主題歌)

新山詩織

今日もずっと 何気なく やるせない気持ちを片手に きっとそう 気付いてる

好きなのに

新山詩織

いつだって君は 自分が望む 世界だけを欲しがって その目そらして うつむいてた

気まぐれ

新山詩織

言ってないよ 嫌いだなんて ただちょっと いじわるだよね

きらきら

新山詩織

夢は、なんだっけ 想い出は、なんだっけ 忘れたくない物ほど消えてく 目を開ければそこにある日々の影

しおりのR&R

新山詩織

相変わらず泣き虫な顔してるの? Bad Girl 愛想笑い出来るくらいが ちょうどいい

Everybody say yeah

新山詩織

Everybody say yeah Everybody say

午後3時

新山詩織

きっとあたし 気付いている 紅茶に入れた角砂糖みたいに ほろりと 消えない気持ちだってこと

だからさ

新山詩織

だからさ 今 私と話してるんだ 部屋の中で ひとりで

Looking to the sky

新山詩織

昼間のホームは 何故か少し 切なくなって 人混みの中に 身を任せて

ピアノ

新山詩織

ピアノ 聞こえた 指が 見える 白と

イージュー★ライダー

新山詩織

何もないな 誰もいないな 快適なスピードで 道はただ延々続く 話しながら

歌詞検索