1. 歌詞検索UtaTen
  2. しいの乙吉の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

しいの乙吉の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

33 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

夢よ醒めないで

しいの乙吉

歌詞:夜明け間近 夢をみた あの人が 抱きしめる

幸福のゆりかご

しいの乙吉

歌詞:倖せばかり 追いかけて 野に咲く花を 忘れてた

夢とおふくろ

しいの乙吉

歌詞:いくつも夢は 見たけれど あなたの夢は 何度も見たよ

グッバイラブをあなたに

しいの乙吉

歌詞:グッバイ ラブ この手をはなして グッバイ ラブ

罪な愛

しいの乙吉

歌詞:胸のボタン ひきちぎり 嵐のように 愛された あれは何

嘘も愛

しいの乙吉

歌詞:愛するために 嘘をつき 愛するために 傷つけた

傷あと

しいの乙吉

歌詞:愛したの 愛したの 他の誰より 愛したの 抱きしめて

津軽海峡

しいの乙吉

歌詞:この海を越えたなら あなたに逢える 雪が舞う カモメ啼く 津軽海峡

夜明け前

しいの乙吉

歌詞:どれだけあなたを 愛したか どれだけ心を 痛めたか 花と生まれた

蛍火

しいの乙吉

歌詞:夢をみました あの夜から 恋に焦がれる 蛍です たとえこの恋

愛しき人生

しいの乙吉

歌詞:花が咲き 花が散る 風の吹くまま 放浪って 夢をみて

男と女の舟唄

しいの乙吉

歌詞:おんなの川には 舟はない 月の鏡で 髪梳かし 紅をひく

奄美の空の下で

しいの乙吉

歌詞:風に心が あるのでしょうか 海に心が あるのでしょうか 夢の橋を渡って

ありがとう

しいの乙吉

歌詞:ひとつしかない 命なら あなたと 生きてみたい 笑顔絶やさず

愛や恋

渚月あかり

歌詞:あなたに逢えた あの夜から 私の心は 恋嵐 悔し涙を

長良川かくれ藤

渚月あかり

歌詞:長良川ぞいの 坂の下 人目を忍ぶ 店あかり 惚れてしまえば

水の都おおさか

川口哲也

歌詞:この空の 星の下 あなたとめぐり逢い 無我夢中 愛した

ブルースあおもり

しいの乙吉

歌詞:お前に昔が あるように 俺にも昔が あるんだよ おなじ月見て

三百六十五日

中条きよし

歌詞:三百六十五日 つかみどころのない街で あなただけを 頼りに生きた 明日もみずに

海鳴り

しいの乙吉

歌詞:あんたの胸に 顔をうずめて も一度聞きたい 海鳴りがある ふとしたことで

母の道しるべ

川口哲也

歌詞:庭先で転んで つけたスリ傷に 悲しい瞳をして 唾で拭いた母 家族一番

港の忘れもの

川口哲也

歌詞:心の港に 錨おろした あんたと云う名の 船が旅に出た 霧降る夜更け

愛・風に吹かれて

川口哲也

歌詞:恋しくて 恋しくて 心が痛い あなたに逢うと 何も云えない

さだめ…

しいの乙吉

歌詞:この川を 越えたなら 二度と戻れない 雨が降る 風が鳴る

しあわせの灯

しいの乙吉

歌詞:あなたを初めて 真っすぐみたよ 綺麗な瞳をして いたんだね こんな近くに

陽のあたる坂道

しいの乙吉

歌詞:心のポケット 手探りしたら 綻ろんで穴が あいたまま ぬくもりさえも

大阪の街に雪が降る

しいの乙吉

歌詞:大阪の街に 雪が降る 哀しみ色の 雪が降る 御堂筋

グッバイ ラブをあなたに

中条きよし

歌詞:グッバイ ラブ この手をはなして グッバイ ラブ

歌に抱かれて

しいの乙吉

歌詞:花のネオンが 咲きほこる 東京はずれの 酒場川

津軽海峡

渚月あかり

歌詞:この海を越えたなら あなたに逢える 雪が舞う カモメ啼く 津軽海峡