1. 歌詞検索UtaTen
  2. 黒須チヒロの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

黒須チヒロの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

47 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

PLEASURE(クレヨンしんちゃん OP)

華原朋美

歌詞:ドントウォーリー心配ない なんで? なんて聞かないで へっちゃらって 笑ったら

Ready!(ワンピース ジャンゴのダンスカーニバル ED)

Folder5

歌詞:言葉だけじゃ伝わらない伝えきれない ココロがカラダ追い越して 今すぐキミに逢いたいよ ちょっとだって待ってらんない 真夜中の舗道

おんなじキモチ(はなかっぱ ED)

東京女子流

作詞: 黒須チヒロ

作曲: 藤末樹

歌詞:<wow Lets get together now>

桜の園

深田恭子

歌詞:みんなが言うんだよ バカみたいだって 気にはなるよね ちょっと 意地悪なんだよ

あなたへ

天宮小百合(牧島有希),春日つかさ(吉川友佳子),弥生水奈(藤田咲)

作詞: 黒須チヒロ

作曲: 上原武

歌詞:例えば 世界を敵に回しても 味方だよ 最後まで 描いた

この星はみんなの星

安全地帯

歌詞:快晴だね こんな日は 久しぶり 自転車に乗ろう 川沿いの道路

秘密

天宮小百合(牧島有希),春日つかさ(吉川友佳子),弥生水奈(藤田咲)

作詞: 黒須チヒロ

作曲: 上原武

歌詞:心かさねる 弾んだ息が 転がっていく 駅までの下り坂

ショコラ

安全地帯

歌詞:息が溶けて 朝露となる 天窓に 切り取られた 藍色の

カメレオン

安全地帯

歌詞:Wow 新しい景色が観たいと望むのなら その部屋の壁をぶち抜いてしまえばいい 退屈すぎてたまらないと思うのなら そこからテレビを投げ捨ててしまえばいい

Secret Love ~秘密的恋情~

noyori

歌詞:嫌ってるフリしたのは 全部嘘だったの 最初の夜 港のキス とてもうれしかった

雨のち晴れ

安全地帯

歌詞:海へ続く 高速道路を あの 磨きあげた クルマ飛ばして

それでいいじゃん

東京女子流

歌詞:そうさ自分の信じる道を行くんだ 誰に笑われてもいい どこまでも真っ直ぐに 風に吹かれ

約束

東京女子流

歌詞:ふいに右の頬を涙がひとすじ伝ってた ひとり電車のドア もたれて景色を見てた 自分でもなんだか

ル ル ル

SiAM&POPTUNe

歌詞:回る 回る 回される 時間の中で 変わる

なでしこ

オオゼキタク

歌詞:好き勝手に 自分の道を歩いてきた僕には 偉そうなこと 言えた義理じゃない 飽きもせず

煌めきの瞬間

深田恭子

歌詞:ちょっと前に 知ってたけど あなたの気持ち なんてことない そんなふうに

Killing Me Softly

東京女子流

歌詞:フリーズしたままで 終わる事が出来ない 壊れそうな二人を 繋ぎ止めてるもの

ずっと 忘れない。

東京女子流

歌詞:それぞれに違う 行き先を選んでも 同じ想い握りしめて 一歩ずつ一歩ずつ 足跡を残してく

月見草

安全地帯

歌詞:"機嫌なんか 悪くない"と無口なキミに "旅行なんて 久し振りだね"なんてボクは 気を遣って

薔薇

安全地帯

歌詞:雨は隙間もなく ココロを湿らせる 髪を切りにゆこう ばっさりと さっぱりと

水のない噴水

安全地帯

歌詞:秋深く 公園の石畳を 落ち葉が 彩る 騒がしい

キセキのはじまり

V6

歌詞:はじまりはいつも 唐突なものさ 名前呼ぶのもなぜか ぎこちない調子で とまどうのに

あなたが知っている私が本当の私とは限らない

深田恭子

歌詞:どちらにしても ズレてる感じ ヘンだよ なんとなく まさか私が

午前4時の向こう側

深田恭子

作詞: 黒須チヒロ

作曲: 原一博

歌詞:まだ午前4時 眠れない眠りたくない 夢の続き見たくはないよ まったく偶然キミと出会ったあの場所で あの日と同じ服着ていた

ヒマワリと星屑

東京女子流

歌詞:手のひらは揺れるヒマワリ 燃える太陽にかざそう このキモチは永遠だから 空いっぱいに咲かせよう

安全地帯

歌詞:そう そんなふうに そう 思ってたの そう

明星

安全地帯

歌詞:たとえば空の星が道標なら ボクらの舟は何処へたどり着くだろう たよれるモノは他に なんにもなくて 彼方で光る希望

いつの日か会いましょう

安全地帯

歌詞:傾く太陽を 遮るビルディング 人工のビーチにも 飛び交う赤トンボ 誰かのはしゃぐ声が

負け戦

安全地帯

歌詞:違うよ 嘘じゃない そう仕事で 地下の スタジオに

Thousand Nights

SMAP

作詞: 黒須チヒロ

作曲: KAN

歌詞:そうしていつものように また 相も変わらずに陽が落ちる 平穏無事な日々が あの