1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. miwa
  6. miwaが「chAngE」で私たちに伝えたい変化とは?

miwaが「chAngE」で私たちに伝えたい変化とは?

2010年に発売されたmiwaの三枚目のシングル「chAngE」。TVアニメ『BLEACH』のオープニングテーマにも起用された楽曲である。 この曲は、前作『リトルガール』とは異なりメッセージ性の強い歌詞に仕上がっている。

公開日:2016年6月23日 更新日:2017年5月24日




2010年に発売されたmiwaの三枚目のシングル「chAngE」。TVアニメ『BLEACH』のオープニングテーマにも起用された楽曲である。

この曲は、前作『リトルガール』とは異なりメッセージ性の強い歌詞に仕上がっている。
タイトルの「A」と「E」が大文字になっているのは、A=アコギからE=エレキに変えたことを意味している。エレキに変えたこともあり、これまでのmiwaとは違った一面を見ることが出来る。ロックなmiwaもかっこいい。

この曲は彼との恋愛の歌詞のようで皮肉のようなものが込められている。



タノシイ裏切りにあって とらわれない私がここにいるの
足りない尽きないなんだって もっと歪ませてよ

なんでそんなためらって 満たされないあなたはどこにいるの
消えない錆びないふりきって もっとハウらせてよ


この二つの歌詞はそれぞれ、一番と二番のAメロの最初の部分である。並べてみてみると二つの歌詞が対になっていることが分かる。「とらわれない私」と「満たされないあなた」といったように。「タノシイ」裏切りという表現は、裏切った彼に対する辛辣な皮肉であろう。「タノシイ」とカタカナになっていることでその皮肉がさらに強調されている。「タノシイ」裏切りという表現を使うことによって、彼に対する未練を振り切り前に進もうという想いが込められているようにも見える。「もっと歪ませてよ」「もっとハウらせてよ」という表現からmiwaは、前に進もうと「chAngE」しない彼に対して刺激を求めている。

これまでの自分から変わりたい人、何かを始めようと思っている人は沢山いる。しかし変化を恐れて前に進めない人も多い。miwaの『chAngE』はそのことにも気付かせてくれる。


chAngE なびかない流されないよ
今感じることに素直でいたいの
誰かの思い通りにはさせないわ
chAngE 何度でも生まれ変わるの
悲しみも抱きしめて走り出すよ
二人で同じ景色が見れるなら
あなたのもとにいつか帰りたいわ
私は私らしく I wanna chAngE


「誰かの思い通りにはさせないわ」というフレーズは、miwaの変わりたいという気持ちが強く出ている。miwaは変化をすることで失うことよりも変化をすることで得られることの大きさのほうが重要だと気付いたのだ。人は常に変化していく生き物だし、変わることを楽しんでほしい。miwaの『chAngE』はそれを私たちに伝えている。

最後に「二人で同じ景色がみれるならあなたのもとにいつか帰りたいわ」と締めくくる。彼自身も前に進んで変化することで、私と同じ景色を見れるくらいになったらもう一度付き合ってあげてもいいよという意味なのだ。あくまでmiwaは、彼との恋愛よりも自分自身が"変わる"ことを優先している。

これからも、変化し続けるmiwaが見られることを期待したい。

TEXT:川崎龍也

1990年6月15日 神奈川県葉山生まれ東京育ち 15歳の頃よりキャロル・キングやシェリルクロウに憧れ、ギターでオリジナル曲を作り始める。 ほどなく音楽関係者の目に止まり、約1年半の育成期間を経て、大学1年19歳の時に、シングル「don't cry anymore」でデビュー。 発売日に渋谷エッグマン···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

スカパラと田島貴男が魅せる男の色気で一…

あなたのハートを狙い打ち!?ベースボー…