川崎龍也の記事一覧

【歌詞コラム】「スカートを切る」行為が象徴していることとは?欅坂46『月曜日の朝、スカートを切られた』

 7月19日、欅坂46の1stアルバムの発売と同時にリード曲である『月曜日の朝、スカートを切られた』のMVが公開された。MVの監督を務めたのは、池田一真氏これまでも『サイレントマジョリティー』や『大人は信じてくれない』なども手掛けた人物だ。舞台となっているのは『サイレントマジョリティー』と同じく渋谷。

【歌詞コラム】TiAが『Deal with the devil』で見せるマルチな表現者としての可能性

前作『ニルバナ』から約2年ぶりとなる新作『Deal with the devil』をリリースしたTia。本作はTVアニメ『賭ケグルイ』のオープニングテーマに起用されている。2012年にデビューをしてから現在までCDジャケットは漫画家兼イラストレーターの優が手掛けていたが、本作からはTia本人が登場している。

【歌詞コラム】乃木坂46の3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』からソロ曲に共通する親和性を読む

2017年5月24日に通算三枚目となるアルバム『生まれてから初めて見た夢』を発売した。シングル曲の「裸足でSummer」「サヨナラの意味」「インフルエンサー」などの曲の他にそのカップリング曲、そして初収録曲で構成されている。今回はアルバムレビューという形ではないために、全曲をまんべんなく網羅することは困難なのであるテーマに従って楽曲を見ていきたい。

【歌詞コラム】岡崎体育『式』に込められた3つの意味から伝えたいメッセージを読み解く

 岡崎体育といえば、自身のTwitterでの投稿「冷蔵庫に貼ってあったメモ書きを英語風に読んでみた」など、アーティスト活動以外でも何かと注目されている人物。楽曲は全て自身で作詞作曲を手掛け、『ヤバイTシャツ屋さん』や『関ジャニ∞』などジャンルを問わず幅広く楽曲提供もしている。また、『MUSIC VIDEO』ではミュージックビデオあるあるを歌いこれもまた大きな話題をよんだ。あるあるを歌っているだけなのにこれがまた中毒性の高い音楽になっている。この『MUSIC VIDEO』の面白いところは、あるあるを歌いながらもあるあるのMVになっているという逆説になっている点だ。彼の音楽は遊び心に溢れている。

【歌詞コラム】スピッツ『チェリー』が多くのアーティストにカヴァーされるのはなぜか

今年で結成30周年を迎え、2017年7月5日にはシングルコレクションを発売するスピッツ。収録曲はデビューシングルの『ヒバリのこころ』から最新シングル『みなと』までの全シングルと新曲の『ベビーメロウ』、『歌ウサギ』、『1987→』の計45曲となっている。今回はその中から「御三家」(『ロビンソン』、『空も飛べるはず』、『チェリー』)と呼ばれている曲のひとつ『チェリー』の歌詞を紐解いていきたい。

【歌詞コラム】『LET FREEDOM RING』に尾崎裕哉の父と音楽観を見る

尾崎裕哉は、2017年3月22日に自身初となるEP『LET FREEDOM RING』をリリースした。これまでは、配信限定という形で『始まりの街』を昨年に発表しているが、今回は初のフィジカル作品とのことである。本作は1『サムデイ・スマイル』2『27』3『始まりの街(Soul Feeling Mix)』4『Stay by my Side』の4曲で構成されている。